スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴族探偵/麻耶雄嵩 ★★★★☆

自らは推理をしない「貴族」探偵、登場。
推理などという〈雑事〉はすべて、使用人任せ…。
「趣味」探偵の謎の青年が、生真面目な執事や可愛いメイド、巨漢の運転手などを使い、難事件を解決する。知的スリルに満ちた本格ミステリー!


<あなたが解決するんじゃないの?>

「貴族探偵」ではなく「使用人探偵」ですよね。

「トリッチ・トラッチ・ポルカ」「加速度円舞曲」は、アンソロジーにて既読だったので、自然と(貴族探偵のキャラに)期待せずに読むことができました。
「ウィーンの森の物語」「春の声」の丁寧なロジックにも満足ですが、やっぱり一番素晴らしかったのは「こうもり」でしょう!
やっぱり麻耶さん、こういうの巧い!フェアでした!

それにしても、メルや木更津のようなキャラに「女好き」が加わったことで、逆に貴族探偵の方が下品に思えてくるから不思議。
もちろん、それも狙い通りなのでしょうけれど。

ダブル・ジョーカー/柳広司 ★★★☆☆

結城中佐率いる“D機関”の暗躍の陰で、もう一つの秘密諜報組織“風機関”が設立された。だが、同じカードは二枚も要らない。どちらかがスペアだ。D機関の追い落としを謀る風機関に対して、結城中佐が放った驚愕の一手とは―。
表題作「ダブル・ジョーカー」ほか、“魔術師”のコードネームで伝説となったスパイ時代の結城を描く「柩」など、5編を収録。(帯より)


前作でも感じましたが、もう少しドラマチックな展開が欲しいなぁ。
ハラハラするような頭脳戦がないのも物足りない。
唯一、「柩」にはグッと引き込まれました。
やっぱり、結城を描いて欲しいのですよね。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分のためのメモですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
「ダブル・ジョーカー」
ちゃんと身元を調べても結局スパイ(=森島)なのよね。
こうなると、「田舎出身の女中」がスパイじゃないことの理由が気になる。
せっかく、女装の訓練もしてるって記述があったのにね。
「蠅の王」
漫才において、いくらボケても「笑わない男」は、ツッコミの相方(=藤木)だと途中でピンときて「おお!すごい閃き!」と1人興奮しちゃったよ・・・。
それだと、スパイでも何でもなく、なぞなぞだ。

痺れる/沼田まほかる ★★★★☆

汚れた身体を抱きしめてくれた悪魔に囚われていく私。怒りと赦しを背負いながら生きていく使用人の哀しみ。
姿の見えない彼の妻に翻弄される不倫女の叫び。
―暗い水底に引きずり込まれていくような9つの哀しみと絶望。(帯より)


<赦してくださるのですね>

設定から何から暗い作品が多いですが、コミカルな作風もみられたのは嬉しかったです。
朦朧とした状況の中、ある出来事の真相が明らかとなる「林檎曼陀羅」で掴みはOK。
倫理観が軽く揺さぶられる「レイピスト」、あまりに潔い結末に放心してしまった「ヤモリ」
多分、違う気がするけれどラブストーリーとして堪能した「沼毛虫」
異常にウザイ山田さんにも憎めないところが確かにあって、ラストの躊躇う心理を描くところがまた巧い「テンガロンハット」
最後の一行まで、まったく真相が分からなかった「TAKO」
ラストに思わず噴き出した「普通じゃない」

「クモキリソウ」「エトワール」は少しインパクトが足りない気がしたけれど、かなり満足度の高い短編集でした。
まほかるさんの描く男性は、危険な魅力を感じます。

ザ・万遊記/万城目学 ★★★☆☆

万城目学が、世界を日本を駆けめぐる。北京で五輪を堪能し、ロンドンでサッカーの醍醐味を味わい、バルセロナで不遜にもピカソに共感!?全国の湯治場でアキレス腱のリハビリに励み、国会議事堂で大物代議士をちらり見する・・・。世界のあちらこちらでの驚きや感動を綴ったエッセイ集。(帯より)

<大好き篤史ッ、とこっそり叫んだ>

後半、少し趣味性が高くなってしまった分、総合的には『ザ・万歩計』の方が笑えたかな。
でも、相変わらず関西のノリは楽しくて、「懐かしのローカルCM」にはニヤニヤしちゃいました。
もちろん渡辺篤史への愛も健在。最終回ではドキッとしましたよ。
あと、マキメさんも宮崎アニメで一番好きな作品が『紅の豚』だそうで、嬉しくなりました。あまり周りには共感してもらえないんだよなぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。