スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かいぶつのまち/水生大海 ★★☆☆☆


演劇大会の前日、出演者たちが次々に体調を崩し、上演作品「かいぶつのまち」に見立てたかのように主人公に繰り返し凶器が届く。元「羅針盤」メンバーは、後輩との壁の大きさに戸惑いながらも、その隙間に巣くう「かいぶつ」を探し始める。心打つ青春ミステリー。

<―かいぶつはどこにいる―>

う~ん・・・期待しすぎてしまったかなぁ。
前作は青春ストーリーもミステリ面も満足できたのに、今回はどちらもパッとしないというか・・・事件も展開もひたすら地味なんですよね。
終盤の演出は好みだけれど、そこで「真犯人」を告発するというサプライズを予想したのですが・・・。
怪物の呟きも・・・まさかこんなにストレートにくるとは。
全体的に、こじんまりとまとまった印象です。

なみだめネズミ イグナートのぼうけん/作・乙一 絵・小松田大全 ★★★☆☆

ぼくのなまえはイグナート。ちっぽけなネズミのぼくは、いつも涙目、ひとりぼっち。そんなぼくにも、生まれてはじめて友だちができた。ナタリア。口は悪いけど、ぼくにパンを分けてくれたやさしい人だ。でも、ナタリアはいなくなった。いやがるナタリアを、兵隊がつれさった。ちっぽけなぼくだって、たまにはでっかいことをおもいつく!ナタリアに会いにいこう。旅に出るんだ。(「BOOK」データベースより)

<だから めいれいだ こっちにこい>

絵本というよりも、漫画のような感覚で楽しめる作品です。
ストーリーは王道ですが、文章やキャラクターは完全に「乙一」で、愛らしいだけでなくスピード感のあるイラストもとても好みでした。
読後感は温かいです。

闇ツキチルドレン/天祢涼 ★★★☆☆

殺意の矛先は犬や猫、そして人間へ―。小さな地方都市を震撼させる事件の容疑者は、県警本部長も務めた元警察官僚・最上倉太朗!“共感覚”美少女探偵・音宮美夜は妙な出会い方をした高校生・城之内愛澄とともに捜査を開始する。だが最上は「私は音宮くんを殺したい」と宣戦布告!探偵は裏を知り尽くした男を追い詰められるか?

<闇の夜に、憑かれたよう>

美夜のキャラに馴染んだからか、前作より、スッとストーリーに入っていくことができました。ショートの方が似合うわ~。
登場人物のほとんどが歪んだ精神状態ですが、それほど悪質な印象はないのですよね。
愛澄の置かれている状況のみ、先がとても気になりました。
前作よりもいろいろとインパクトが弱くて「あ~。もうこのシリーズはいいかなぁ~」と終盤で感じたのですが、その後の展開で「うわ~。やっぱり次も読む~」という心境に。
これは前作を読んでいたからこその油断かな。とにかく驚いた。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分用のメモ。真相に触れています。下の方へどうぞ。



















いや、もうてっきり美夜が毎回助手を変えながら田舎を旅するシリーズだと思ってたから。
「連れていってほしい」とせがむ愛澄に「お祖母ちゃんと仲良くね」っぽい気の利いたアドバイスをして、サヨナラするんだとばかり。
前作で叙述トリックのパターンは無いって先入観があったからなぁ・・・。

遺品/若竹七海 ★★★☆☆

金沢市郊外、銀鱗荘ホテルに眠っていた今は亡き女優・曾根繭子にまつわるコレクション。その公開作業が進められる中、明らかになったのは、コレクションを収集した大林一郎の繭子への異様なまでの執着。繭子の使った割り箸、繭子の下着、繭子の…狂気的な品々に誘われ、やがてホテルには、繭子が書き残した戯曲を実演するかのような奇怪な出来事が次々と起こる。それは確実に終幕に向かって―。書き下ろし本格長編ホラー。

<また笑えるなんて、思わなかった>

堪能しました。
ホラーではなく、ラブストーリーとして!
じわじわと忍び寄る恐怖・・・っぽい流れなのですが、全体的に若竹節が冴えているのでまったく怖くないのですよね。
主人公の学芸員として奮闘する様子がとても興味深かったです。
トラブルメーカーの描写が巧くて、(あまり期待していなかった)真相にもヒネリがあって驚きました。
なによりも、ラブストーリーにきゅんとさせられるので、ラストは本当に切なかったです。
表紙の印象からして、光文社文庫で読んだ方が余韻が強く残るかも。

「バイバイ、ブラックバード」をより楽しむために/ポスタル・ノベル編 ★★★☆☆

伊坂幸太郎の『バイバイ、ブラックバード』は、太宰治の「グッド・バイ」から想像を膨らませて創られた。なぜこの作品を書こうと思ったのか、作品に込められた想い、創作秘話などを語ったロングインタビューと、書評家による解説、未完にして絶筆となった「グッド・バイ」を収録。(amazon内容紹介より)

<死神と人間は絶対に理解しあわないんです>

私が『死神の精度』を好きなポイントがまさに↑ココだったからこそ、『バイバイ~』の展開が気に食わなかったのね、と納得しました。
収録されている太宰治の『グッド・バイ』がとても面白いです。
これって設定を変える必要があったのかしら。
そのままの続きが読みたかったなぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。