スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月と蟹/道尾秀介 ★★★☆☆

「ヤドカミ様に、お願いしてみようか」「叶えてくれると思うで。何でも」やり場のない心を抱えた子供たちが始めた、ヤドカリを神様に見立てるささやかな儀式。やがてねじれた祈りは大人たちに、そして少年たち自身に、不穏なハサミを振り上げる―やさしくも哀しい祈りが胸を衝く、俊英の最新長篇小説。(帯より)

<何かに取り囲まれていく>

あ~。気が滅入るストーリーだった~。
一つひとつの表現にはグッとくるのですが、どうにも展開が地味・・・というかどこかで読んだような気分になるのは私だけなのでしょうか。
読後感も、とてもあっけなかったのです。
ミステリじゃないなら、せめてまほかるさんのようなズンとした余韻を残す作品を描いてほしいなぁ。
よく評されているように、これが「直木賞狙い」だったらどれだけいいか。
私はミステリのネタが尽きたのではないかと心配している。

四月の橋/小島正樹 ★★★☆☆


探偵役は鹿児島弁の抜けない弁護士川路弘太郎。リバーカヤックが趣味のせいか、川では死体に出会い、河口で発見された死体の殺害犯として逮捕された容疑者の弁護を引き受ける。知り合いの女弁護士の父親だったからだ。前作で見事な推理の冴えを披露したカヤック仲間、那珂邦彦の頭脳も借り、家族の秘密や昔のいじめ事件…と複雑な謎を解き、水上の大団円を迎える。(本書あらすじ)

読後にあらすじを確認すると、そのまんまでした。
ミステリに関しては何も印象に残っていません。あれ~?って感じです。
あと、いくらなんでもリバーカヤックを押しつけすぎ。

シリーズ一作目の「敬語が使えない弁護士」から「鹿児島弁の抜けない弁護士」へのイメージアップは成功かも。
今回なんてわざわざあらすじで強調(←ちょっと笑った)しているのに、本文ではほとんど訛ってないもの。
よほど不評だったんだろうなぁ。

長弓戯画 うさ・かめ事件簿/滝田務雄 ★★☆☆☆

雑踏のなか、和弓で射殺された男性。誰が、どうしてそんな目立つ凶器で殺人を行ったのか?しかも、日本有数の弓の名手でもなければ犯行が困難な状況で…。美男子なれどヘナチョコな少女漫画家マーチ宇佐輝先生と、ドSの編集者カメちゃんこと小亀ミドリは心ならずも事件に巻き込まれる。次々現れる新事実、その度に繰り返される推理の構築と否定。どこまで行っても五里霧中、謎多き和弓殺人事件の真相は?(本書あらすじより)

<このままだと犯人より先にカメちゃんに殺されちゃう>

短い話をすっごく引き延ばした印象。
たった一つの事件にこんなにページは要らないと思う。
事件の説明を何度も繰り返すのにもイライラ。
真相も意外性があるのでしょうが、巧く伝わりませんでした。

私は『田舎の刑事~』シリーズの方が好み。
奥さんのクールな意地悪と比べて、ミドリの暴力的なところが苦手でした。
でも、先生の喜ぶ姿を見て・・・のくだりは良かった。
これからそういった変化が出てきそうな気がするので、とりあえず次も読むかな。

プラチナデータ/東野圭吾 ★★☆☆☆

犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、検挙率が飛躍的に上がるなか、科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生した。警察の捜査は難航を極め、警察庁特殊解析研究所の神楽龍平が操るDNA捜査システムの検索結果は「NOT FOUND」。時を同じくして、システムの開発者までが殺害される。現場に残された毛髪から解析された結果・・・犯人は、神楽自身であることを示していた―。(帯より)

<おれはおれである時をおれらしく過ごすだけだ>

最近の東野作品には不満を感じることが多いですが、「ドラマ化のため」だと思えば納得できるのです。
今回もそんな感じでした。
逃走でたどり着いた土地での展開もかなりのご都合主義だし、真相も意外というよりただ強引なだけなんですよね。
スズランのキャラや逃走劇、真相解明で安っぽく豹変する犯人と訳の分からない動機など、ドラマっぽいなぁ~と思って、諦めました。
最初の展開は『マイノリティ・リポート』っぽくて好みなのに・・・。

アルバトロスは羽ばたかない/七河迦南 ★★★★☆

児童養護施設・七海学園に勤める保育士・北沢春菜は、多忙な仕事に追われながらも、学園の日常に起きる不可思議な事件の解明に励んでいる。そんな日々に、学園の少年少女が通う高校の文化祭で起きた、校舎屋上からの転落事件が影を落とす。これは単なる不慮の事故なのか?だが、この件に先立つ春から晩秋にかけて春菜が奔走した四つの事件に、意外な真相に繋がる重要な手掛かりが隠されていた。(本書あらすじより)

<真っ暗な闇の中にもちっちゃな光はあったのかもしれない>

春の章はモヤモヤが残ってそこまで感動できず。
夏の章はもう少し少年たちの背景を描き込んで欲しかったかな。
晩秋の章はコミカルでオチが綺麗にまとまっていてお気に入り。
前作と同様、どの作品も丁寧に伏線が張られていて、好感度が高いです。
何よりも、冬の章の真相には久しぶりの衝撃を味わいました。満足!

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分のためのメモですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
冬の章は少し違和感(やっぱり「七海」学園が伏線になってしまった?)があったので、探偵役は別の人(もしや小泉さん?)と疑っていたのよね。
でも、そこまで予想していたのに、転落した人物には本当に驚いた。
73ページが巧すぎるのよ!
・・・しかも、最後まで目覚めないなんて。
ほんと、サプライズといい、読後感といい、若竹作品っぽいわぁ。

春の章はちょっと不満。
元旦那が無一文とかだったら、母親の行動に素直に感動できたかもしれないけどさ。
こんな状況になるなら、せめて最低限の生活費は貰おうよ。
本当に子供のことを一番に考えているのか?と思った。

からくりがたり/西澤保彦 ★★☆☆☆

高校三年の冬、自死した青年が遺していた、みだらな空想を綴った奇怪な日記。日記にまつわる人間が、つぎつぎと酸鼻な事件に巻き込まれていく。毎年、大晦日から元旦への一夜に起こる殺人、被害者はすべて女性―。事件の現場に必ず姿を現す謎の男“計測機”とはいったい何者なのか。 (帯より)

<もてもてになりたかったんだね、お兄ちゃん・・・>

「浅敷がたり」はアンソロジーで既読。
各短編は意外性もあって完成度は高いと思うのですが、連作となるととても物足りないです。
あらすじから、てっきり日記がメインだと想像していたからかなぁ。
“計測機”という表現も巧いんだかそうでないのか・・・。

私は西澤ミステリに出てくるミッシングリンクが好みなので、真相には期待していたのですが、今回は脱力です。
まったくスッキリしない。一体、何だったのか。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。