スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗闇を見よ/日本推理作家協会・編 ★★☆☆☆


稀代の作家たちが催す恐怖と幻想の饗宴! すべてのミステリーファンに贈る、三年に一度刊行される大好評アンソロジーの第三弾。三カ月連続刊行の掉尾を飾るに相応しい当代きっての作家たちが集結。ミステリーとホラー、ジャンルの間を自由自在に越境する才能が、謎の奥に潜む狂気と恐怖を抉り出す。ミステリーファン必携の豪華な一冊!

隣の四畳半/赤川次郎・・・サラリーマンの哀愁の描写が本当に巧くて泣きそうになった。
ゲバルトX/飴村行・・・これは無理。中身がなさすぎる。
ちゃーちゃん/乾ルカ・・・結末は読めてもゾクリとした。
おねえちゃん/歌野晶午・・・既読
三つ、惚れられ/北村薫・・・主人公のモヤモヤする気持ちに笑った。
猫と死の街/倉知淳・・・真相に納得できない。
雪を待つ朝/柴田よしき・・・主人公の心情の変化が強引かも。雰囲気とラストは好み。
十円参り/辻村深月・・・内容は普通の怪談だけれど、やっぱり巧い。
引き立て役倶楽部の陰謀/法月綸太郎・・・真面目に読んで損をした気分。
吉原首代売女御免帳/平山夢明・・・オチは嫌いだけど、それまでのストーリーに夢中。
冬の鬼/道尾秀介・・・既読
ろくろ首/柳広司・・・こういうのを真相に持ってきちゃダメだと思う。
身内に不幸がありまして/米澤穂信・・・既読

ミステリだと思って読むと残念な気分になります。
全体的にホラー風味でした。
辻村作品と、既読の道尾作品と米澤作品以外の印象が薄いです。

ダークゾーン/貴志祐介 ★★☆☆☆


情報科学部学生で日本将棋連盟奨励会に属するプロ棋士の卵である塚田は闇の中で覚醒した。十七人の仲間とともに。場所も状況もわからぬうちに始まった闘い。人間が異形と化した駒、“敵駒として生き返る戦士”などの奇妙な戦術条件、昇格による強力化。闇の中、廃墟の島で続く、七番勝負と思われる戦いは将棋にも似ていた。

<そいつは、人間に向けていい視線じゃない>

う~ん・・・将棋のルールを知らないからでしょうか・・・。
それでも第一局はハラハラしたのですが、8回も続くとやっぱり単調に感じます。
登場人物も駒っぽいというか、主人公の塚田を含め、魅力的なキャラがいないのが残念。
塚田が断片的に取り戻す記憶と、謎を解明するキーとなる断章に興味を引かれて読み進めましたが、どんどん嫌な予感がするのですよ。
結局、「案の定」な真相。
丁寧にゲームの内容を説明している前半に比べると、真相解明がシンプルすぎて塚田が一気に解らなくなりました。
ラストは好みなので、もう少しヒネリが欲しかったなぁ。

ポリス猫DCの事件簿/若竹七海 ★★★★☆


島に一人の駐在は、今日もてんてこまい。神奈川県の盲腸と呼ばれる葉崎半島の先、30人ほどの人間と100匹を超える猫が暮らす猫の楽園、通称、猫島。厄介ごとは次々起こるものの、対処するのは島にある派出所に勤務する七瀬晃巡査ただ一人。そして目つきの悪い巨大なドラ猫こそ、七瀬唯一の同僚、ポリス猫DC。DCの推理は今回も冴えるのか?

<猫は不愉快な記憶をとっとと忘れる>

ほのぼのとしていて好きです、このシリーズ。
ポリス猫・DCが三毛猫ホームズ並に活躍します。
(ホームズより愛嬌があって好きかも。)
DCに頼ってばかりではなく、七瀬巡査も実に勘が働くのですよね。
トラブルの連続であたふたしながらも、さらっと推理を披露する姿勢は魅力的でした。

ミステリとしては甘めです。
のんびりした雰囲気の中でも殺人事件を扱うってのがさすがですが、真相はあっさりしてます。あと、最終章で各章の伏線をもっと綺麗に回収してくれると思っていたので、少し残念。
「~多忙な相棒」の仕掛けと結末が一番好みかな。

前作の内容をすっかり忘れていましたが、感想を確認すると七瀬巡査のことにもちゃんと触れていました。
やっぱり再読してれば良かったと後悔。

レヴォリューションNO.0/金城一紀 ★★★☆☆



停学明けの一週間ぶりの学校で、僕らを待っていたのは、「第一学年団体訓練開催のお知らせ」だった…。ザ・ゾンビーズ結成前夜を描く、シリーズ、完結篇。

<さぁ、進化の時間だ>

『SPEED』からだいぶ経つので、少し冷めた気分でしたが、読み始めると一気にゾンビーズへの熱い想いが復活しました。
教師による暴力などありえない設定も、カラリとした文章で描かれているので違和感がありません。
そしてやっぱり、山下が一番お気に入りでした。
でも、そういやこれで完結・・・?と考えると、寂しさと共に物足りなさも感じたり。
ページが少ないのもあるけれど、ややキャラクター小説っぽいのですね。
まだまだ、このシリーズ読んでいたかったなぁ。

あの頃の誰か/東野圭吾 ★☆☆☆☆


メッシー、アッシー、ミツグ君、長方形の箱のような携帯電話、クリスマスイブのホテル争奪戦。
あの頃、誰もが騒がしくも華やかな好景気に躍っていました。 時が経ち、歳を取った今こそ振り返ってみませんか。 東野圭吾が多彩な技巧を駆使して描く、あなただったかもしれれない誰かの物語。



「短編だから、昔の作品だから、不満」というレベルではないです。
『犯人のいない殺人の夜』や『交通警察の夜』は、今読み返してもクオリティが高いと思います。
こちらも同じ頃に書かれた作品だと思いますが・・・一体?
あえて出版する必要があったのか、謎。

本日は大安なり/辻村深月 ★★★★☆


一世一代のたくらみを胸に秘める美人双子姉妹、クレーマー新婦に振り回されっぱなしのウェディングプランナー、大好きな叔母の結婚にフクザツな心境の男子小学生、誰にも言えない重大な秘密を抱えたまま当日を迎えてしまった新郎。憧れの高級結婚式場で、同日に行われる4つの結婚式。それぞれの思惑と事情が臨界点に達した、そのとき―。

<勘弁してよ>

とても面白かったです。
もともと別々だった5つのストーリーを互い違いに縫い合わせた構成が大正解!
途中でそれぞれの人物がどういう状況下にあるのかが判明するのですが、これがなかなかの衝撃なのです。

ウェディングプランナーの山井さんの一生懸命さに感動。一番読み応えがありました。
双子の心情や真相は完全に想定内。でも新郎が格好良い。
真空も可愛いし、ある疑惑にはドキッとしたけれど、終盤になるにつれグダグダに。
ダメ男の鈴木に関しては辻村さん自身も手探り状態で描いたそうですが、それにしてもあの結末は納得できません。甘すぎる!

リンクは別として、これまで苦手だった辻村作品のクセが薄まっているような気がします。
それでいて、伏線が絶妙なんですよね。満足!

烙印/天野節子 ★★★☆☆ 


東京の公園で男が絞殺された。身元を調べるうちに、被害者の地元・兵庫県養父市でも数日前に白骨体が発掘されていたことがわかる。発見場所も殺害時期も異なる二つの遺体―。だが、警視庁捜査一課の戸田刑事は、事件の関連性を疑い始める。そして捜査を進めるうちに、ひとりの新進気鋭のカメラマン鈴木太郎に辿り着くが…。

う~ん・・・こういう地道に展開する作品が苦手になってきてるかも。
登場人物もアリバイトリックもなかなか頭に入ってこなくて困りました。
それでも大体のあらすじだけで、犯人も真相も予想がつくのですよ。
いやにまどろっこしい展開かと思えば、伏線がド直球だったりして、ミステリとしては物足りないです。
動機は好みなのですが、犯人の苦悩や葛藤が伝わらなくて、説得力が弱いと感じました。
これではタイトルももったいない。
壮大なスケールの事件を扱っているわりには、こじんまりとした読後感です。
遭難事件の描写が良かっただけに残念でした。

最後の証人/柚月裕子 ★★☆☆☆

刑事事件を専門に扱うやり手弁護士の佐方の許に、かつて在籍した地検の所在地で起きた殺人事件の弁護依頼が舞い込む。高層ホテルの一室で起きた刺殺事件。物的証拠、状況証拠ともに、依頼人が犯人であることを示していて、世間やマスコミの誰もが、依頼人に勝ち目はないと見ていた。しかし佐方の、本筋を見抜くプロの勘は、これは単純な事件ではないと告げていた。やがて裁判は、誰もが予想しなかった驚くべき展開をみせる…。

<私、幸せよ。あなた>

最初から最後まで「どこかで読んだことのあるストーリー」だったので、読後の印象が薄いです。
読み応えのありそうなテーマなのに・・・残念。
仕掛けもすぐに気付いたので、冷めちゃったのですよね。
夫婦で旅をするシーンと、「人間の絆で一番強いものは同志」という言葉は心に残りました。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分のためのメモですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
てっきり、最後の証人は直樹かと。
実は卓の方にも過失があったとか証言して、なんかもう「ええ~っ」みたいな結末を期待したんだけれど。
丸山は登場の少なさから個性が掴みきれてなかったので、証言にも心が動かされず。
真生については、もうちょっとしっかり調べなよ~というヤジしか思いつかない。

爛れた闇の帝国/飴村行 ★★☆☆☆

高校2年生の正矢は生きる気力を失っていた。先輩でもあり不良の崎山が、23歳も年の離れた正矢の母親と付き合い出し、入り浸るようになったのだ。一方、独房に監禁された男が目を覚ました。一切の記憶を失い、自分が何者であるかもわからない。少しずつ記憶を取り戻す男だが、定期的に現れる謎の男によって拷問が始まる。やがて、絶望の淵にいる正矢と男は、互いの夢の中に現れるように。二人の過去に隠された恐るべき謎とは!

<これが人のやることか・・・?>

う~ん・・・これは好きではないなぁ。
高校生の正矢と、囚われている男のストーリーが交互に進むという構成が好みなだけに、真相には拍子抜けしてしまいました。
他にもいろいろと伏線は張られているのですが、どれもたいした真相じゃないような・・・。
そして、ホラーな部分が完全に邪魔に思えてきました。必要?
後には何も残りません。不愉快ですらなかったです。
読みやすいのになぁ。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分用のメモ。真相に触れています。下の方へどうぞ。























拷問されるたび、男が少しずつ記憶を取り戻すという流れが、すごく単調で退屈。ストーリー的にもあまり効果がないような気が。
晃一が正矢の父親の写真をじっと見つめるという伏線で、「この2人、兄弟かも・・・」と予想。惜しい。
ところで正矢も仏壇に置かれた牙で手を怪我したけれど、異常はないのかしら?
ラストは化物VS化物の図だと思ったんだけど。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。