スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちが星座を盗んだ理由/北山猛邦 ★★★☆☆


恋のおまじないに囚われた女子高生の物語『恋煩い』、絶海の孤島にある子供たちの楽園の物語『妖精の学校』、孤独な詐欺師と女性をつなぐケータイの物語『嘘つき紳士』、怪物に石にされた幼なじみを愛し続ける少年の物語『終の童話』、七夕の夜空から星座を一つ消した男の子女の子の物語『私たちが星座を盗んだ理由』。これぞミステリの醍醐味。全てはラストで覆る。

<その場所は何処にも属さない!>

「恋煩い」既読
「終の童話」が一番お気に入りで、真相も読後感もとても好みでした。
「妖精の学校」「終の童話」より後に読んだ方が、真相の落差が大きかったかも。
「嘘つき紳士」は携帯を拾うきっかけが面白かったけれど、何の謎にも惹かれないまま真相が解明されるので地味。
表題作は、どこかぼんやりとした印象。もっと切なくなりそうなストーリーなのに。

どの作品も、ラスト一行の余韻はなかなか深いです。覆りはしないけど。

カササギたちの四季/道尾秀介 ★★★☆☆


開店して2年。店員は2人。「リサイクルショップ・カササギ」は、赤字経営を2年継続中の、ちいさな店だ。店長の華沙々木は、謎めいた事件があると、商売そっちのけで首を突っ込みたがるし、副店長の日暮は、売り物にならないようなガラクタを高く買い取らされてばかり。でも、しょっちゅう入り浸っている中学生の菜美は、居心地がいいのか、なかなか帰ろうとしない―。

<出番ね、華沙々木さん>

毎回、華沙々木の推理を日暮がリペアするというパターンなので、どんでん返しを楽しむ作品ではないのですが、それにしても地味でした。
華沙々木の推理(そしてキャラ)がもう少し破天荒なら、違う楽しみ方があるのになぁ。とっても印象が薄いです。
帯や作中の意味深な煽りから「彼女を落胆させてはならない」理由に全力で期待したのですが、こちらも説得力が弱くてガッカリ。
心が温まるストーリーで読み心地もとてもいいです。それだけです。

放課後はミステリーとともに/東川篤哉 ★★★☆☆


鯉ケ窪学園高校探偵部副部長・霧ケ峰涼の周辺には、なぜか事件が多い。
校舎から消えた泥棒、クラスメ-トと毒入り珈琲一族との関わり、校外学習のUFO騒動──
解決へ意気込む涼だが、ギャグが冴えるばかりで推理は発展途上。
名推理を披露するのは探偵部副部長なのかそれとも? ユーモア学園推理の結末は?


<僕は家電製品じゃない──ッ!>

「霧ケ峰涼の屈辱」「霧ケ峰涼の逆襲」は既読。
やっと一冊に纏まりましたか。
第一話と第八話に7年の差があるので、やっぱり後半からの作品の方がいろいろと冴えています。

「霧ケ峰涼の放課後」 どんでん返しに驚いた。
「霧ケ峰涼の屋上密室」 誰も何も推理していないけれど、真相は意外。
「霧ケ峰涼の絶叫」 足立の手拍子要求のイメージに笑い転げた。
              真相にも「あるある!」と共感。

「霧ケ峰涼の二度目の屈辱」「霧ケ峰涼の屈辱」のアンサーミステリ(?)という趣向は楽しいです。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分のためのメモですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
「霧ケ峰涼の逆襲」男同士だったら、普通に相手の部屋を訪ねればいいような。わざわざ女性の部屋を借りるというのが解らない。
「霧ケ峰涼の二度目の屈辱」さんざん、霧ケ峰涼=女子を印象付けておいた上での真相は巧いんだけどなぁ。やけに地味な印象。

七人の鬼ごっこ/三津田信三 ★★★☆☆


秘密の場所が結びつけた子供たち。彼らは成長し、それぞれの生活に追われていた。そんな中、懐かしい人物からの電話が、彼らが封印したはずの記憶を蘇えらせた。ひとり、またひとりいなくなる…。電話のベルは死の鬼ごっこの始まりの合図なのか?メンバーの一人であるホラーミステリ作家が、この不可解な事件に巻き込まれていく―。

<こんな逢魔ヶ刻のただ中で、お前は見たじゃないか>

表紙が怖くてひっくり返すと、裏も怖いのです。

冒頭からものすごい吸引力。先が気になって一気読みでした。
登場人物それぞれのストーリーにも、ちゃんと深みを持たせているのはさすが。
あらゆる可能性を考えていたので真相に驚かなかったのが残念ですが、だんだんと明らかになる「だるまさんがころんだ」の遊びの情景にはゾッとしました。
凄いセンスだわ。
でも、謎は最後までスッキリと解決してほしかったかな。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分のためのメモですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
読後、「そんな恐怖体験、絶対忘れるもんか!」って思ったね。
しかも全員綺麗にサッパリ。

達芳がなんともミステリアスなので、鬼っ子は彼だと思ったよ。
老婆の言う「大人びた子」が実は達芳じゃないとか。
あとで「中学生」って言ってたので、違うと分かったけれど。
各ニックネームもなにかヒネリがあるんじゃないかと・・・綾辻作品?

八重の息子が亡くなった原因が第一章で説明されないまま舞台が変わったので、妙に印象に残ってしまった。
多門の死体を運ぶのも、犯人だと思わせるという理由だけでは苦しいような。
警部は登場時から不自然で怪しかったんだよなぁ。
でも、巨木の向こう側から出てくる人物は仕手河原だと一瞬思った。

深泥丘奇談・続/綾辻行人 ★★★☆☆


日常と非日常、論理と非論理、人と人ならぬものたち…妖しき反世界の気配が読む者を幻惑し、魅了する。主人公の住む「深泥丘(みどろがおか)」の全貌は明かされるのか? 目眩(めまい)? 揺れているのは自分なのか世界なのか。恐ろしくも可笑しい可怪しくも神妙な破格の怪談絵巻、第二集。


<どうして私の記憶はこんな―こんなにも・・・>

いくつかのオチは眩暈と巨鳥で煙に巻いてますが、やっぱりこの世界観はいいですね。
前作より読みやすかったかも。
主人公の置かれている状況にゾクリときた「狂い桜」がお気に入り。
『どんどん橋』テイストの「ソウ」のラストには笑った~。さすがです。
「切断」は既読ですが、やっぱりインパクトがありました。

さよならドビュッシー/中山七里 ★★★☆☆

ピアニストを目指す遥、16歳。両親や祖父、帰国子女の従姉妹などに囲まれた幸福な彼女の人生は、ある日突然終わりを迎える。祖父と従姉妹とともに火事に巻き込まれ、ただ一人生き残ったものの、全身大火傷の大怪我を負ってしまったのだ。それでも彼女は逆境に負けずピアニストになることを固く誓い、コンクール優勝を目指して猛レッスンに励む。ところが周囲で不吉な出来事が次々と起こり、やがて殺人事件まで発生する―。

<では、指を歪めてしまった者の演奏を聴かせるとしよう>

音楽に疎いので演奏の描写はなかなかピンとこなかったのですが、主人公の人生観の変化やピアノにかける情熱にだんだんと心を動かされました。
コンクール本選の演奏には感動しましたよ。
ミステリとしては仕掛けがバレバレでしたが嫌いではないです。
いくつかの設定が少し上滑りな印象を受けるのと、岬先生の魅力が中途半端なのが残念。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分のためのメモですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
寝る前の「遊び」=「入れ替わり」とすぐに解った。
でも、事件の真相とは無関係だと思ってたわ。
これで「放火したのが遥」という真相なら、また違う後味になったのになぁ。

以下、気になった点。
仕掛けが仕掛けなだけに、死んだ従兄弟や母親への感情の省き方が露骨で、どうしても違和感が。
そして、ルシアの国籍や過去の災害などの設定も必要なのかどうか。
イスラムの戒律が伏線になってるのはともかく、日本語ペラペラだし。
てっきり、死語も伏線だと思ってたよ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。