スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔神館事件―夏と少女とサツリク風景/椙本孝思 ★★★☆☆

身に覚えのない女性からの一本の電話により、「魔神館」と呼ばれる館の落成パーティーに参加することになった高校生・白鷹黒彦。道すがら出会った不思議な少女・果菜とともに、妖しげな彫像がひしめく館に一歩を踏み入れるが、それは想像を絶する殺戮の始まりだった。ありえない連続殺人の犯人は深淵から召喚された魔神なのか。

<カグツチは、復讐せよと言った>

ラノベ感のあるイラストのおかげで、登場人物の見分けがついて助かりました。
犬神博士の自信満々だけれど見当違いの発言がお気に入り。
ハテナの一人称が「僕」はいいとして、黒彦との恋愛モードは不要、というよりそこだけ異質な感じがしました。
他の登場人物たちも必要以上に煽るので、何か秘密が隠されているのかと深読みしてしまったり。
トリックは好み。でも、黒彦の推理がグダグダな点が残念。
黒彦の推理にそこそこ説得力があれば、真相の衝撃度が変わったかもしれないのに。呆気なかったなぁ。

Story Seller(2)/新潮社ストーリーセラー編集部・編 ★★☆☆☆


日本作家界のドリームチームが再び競演。今回もオール読み切りで、読み応え満点。どこから読み始めても、他では経験できない読書体験が味わえます。物語大好きのあなたも、これから読み始めるあなたも、お気に入りの作品が必ず見つかることでしょう。

<あんたという人は、どこまでも>

沢木耕太郎さんの「マリーとメアリー ポーカーフェイス」は物語というよりエッセイ。
作中で触れているドラマは、(第一話で観るのを止めた)『SUPERNATURAL』?とそちらが気になったり。
伊坂さんの「合コンの話」も斬新でよかったのですが、一番吸引力があって印象に残ったのは有川浩さんの「ヒトモドキ」
いやもうなんだか凄い迫力で。読み終えてホッとしました。
米澤さんの「リカーシブル―リブート」は、またまた連作の一編なのか、収まりの悪い読後感。
アンソロジーの米澤作品はこういうのが多いなぁ。
佐藤友哉さんの「444のイッペン」もシリーズものなのでしょうが、こちらは文章が気に障りました。
真相は好みなのに、他の作品を読みたいと思えないのですよ。もったいない。
本多さんの「日曜日のヤドカリ」も父と娘の会話がユニークですが、ストーリーは平凡かな。

死者はバスに乗って/三輪チサ ★★★★☆


信号無視の幼稚園バスが原因で、交通事故が起きる。しかし、大勢いた目撃者の中でバスを見たのは三人だけだった。高校生の対馬奈美も、確かにバスを見たという。事故の数日後、彼女の家に幼い頃に轢死した弟が帰ってくる……。次々と起こる怪異現象の正体とは? 第5回『幽』怪談文学賞長編部門大賞受賞作。

<笑ってたんですよ、バスの運転手>

まったく期待していなかったのですが、読んで大正解でした。
初めての作家さんで、こんなにキャラクターに満足した作品は久しぶりかも。
薫の明るさや伊達と梶原のやり取りなど、とてもいい味が出ているのですよね。
プロットもよく練られていて、要所要所のストーリーの繋がり方に何度も驚かされました。
ホラーなのに真相がなかなか綺麗にまとまっているところも好印象。

選考委員の高橋葉介さんの意見と同じく、後半の泣かせはしつこく感じました。
(ややオーソドックスなのと、平野の過去にあまり興味がなかったからかも。)
でも、この作家さんは要チェックです。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分のためのメモですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
森谷の運転するバスは、孫のトモちゃんがいる町を走っていたのね。
(トモちゃんは、ラストの他に、冒頭と、梶原に奈美の家を教えてあげるシーンしか確認できず。)
偶然ではなく、石田さんの近所に住むトモちゃんの祖父の森谷をバスが呼び寄せたのかしら。
奈美が最初に見たときと違って、伊達が見つけたバスが邪悪な雰囲気に包まれていたという変化は、石田さんを見つけたことがきっかけ?
バスを見た人と亡くなった子供が帰ってきた人とがカブらない理由もなんだっけ?
あれ?私、あまり理解してない?

終盤、幼稚園のシーンで、竹内たちが誰かを連れてきているということに気付かなかったので、その後の奈美の「おばさん、どうして」の台詞で、思わず「村上=石田」なのかと勘違いしてしまった。
ここは別に、誰かを連れてきたとハッキリ書いてもいいような。

魔女は甦る/中山七里 ★★☆☆☆

埼玉県の長閑な田園地帯で、肉片と骨の屑のようなバラバラ死体が発見された。被害者は現場近くにある製薬会社・スタンバーグ製薬に勤めていた桐生隆。仕事ぶりも勤勉で質素な暮らしを送っていた青年は、なぜ殺されなければならなかったのか?埼玉県警捜査一課・槙畑啓介は捜査を続ける過程で、桐生が開発研究に携わっていた“ヒート”と呼ばれる薬物の存在を知る。それは数ヶ月前、少年達が次々に凶悪事件を起こす原因となった麻薬だった。

『さよならドビュッシー』の2年前、第6回『このミステリーがすごい!』大賞の最終選考に残った作品とのことで、その評価には納得できます。
でも、前半の雰囲気に騙されて(?)ミステリを期待して読むとガクッときます。
この真相は苦手だなぁ。
そして、あらすじがストーリーの大半を紹介しているのもどうかと。

メルカトルかく語りき/麻耶雄嵩 ★★★★☆

ある高校で殺人事件が発生。被害者は物理教師、硬質ガラスで頭部を5度強打され、死因は脳挫傷だった。現場は鍵がかかったままの密室状態の理科室で、容疑者とされた生徒はなんと20人!銘探偵メルカトルが導き出した意外すぎる犯人とは―「答えのない絵本」他、全5編収録。麻耶ワールド全開の問題作。

<私は不可謬だからね>

面白かったっ!
昔はどうしようかと思うほど理解不能なメルでしたが、少し親しみやすい(?)キャラになったのでは。
「メルは不可謬なんだから仕方がない」と思えばスッキリする、そんな短編集です。
クオリティの高い作品ばかりの中でも、お気に入りは「九州旅行」
だんだんと明らかになる状況の斬新さと鬼のメル、そしてなんといってもあのラストシーン!最高です。

いつも麻耶作品とはユーモアの相性が良くないのですが、今回は大満足。
メルと美袋くんの寸劇が意外にもちゃんと成立していたり。
美袋くん、エアとはいえなんだか気持ちがよかったり。
美袋くんの見る夢が何気に大胆だったり。
本当に楽しかったです。初期の作品、再読しようかと少し考えてやめました。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分のためのメモですが真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
「死人を起こす」第一の事件の死因はすぐに解ったんだけど、なぜ2つある窓の「西側」からなんだろう?とそこに注目してしまった。深い意味はなかったのね。
第二の事件は、メルの「普通なら第一の事件の真相の発覚を恐れての犯行と考えるだろう」とは考えずに、「被害者が第一の事件の犯人だと勘違いした人物による復讐」という見方をしていたので「ん?」と思った。まぁ真相に影響ナシ。
それにしても「青倉ゴ*ブリ」はひどいわ~。すごく解りやすい例だけど(笑)。
「収束」「後に連続射殺事件として~」という記述から、内野から順に事件を起こすのかと思ったわ。
真相はどれか一つなのね。本当に見せ方が巧い。

必然という名の偶然/西澤保彦 ★★★☆☆


この街は、なんかおかしい!今日は倉橋譲の結婚式。この男、とにかく女運が悪い。婚約しては逃げられ、結納しては逃げられ、挙式中に逃げられ…。八年前には、控室から消えた花嫁が別の男と無理心中。そんな中、今日の花嫁が心中した男の交際相手だったと発覚。これを単なる偶然と言えるのか?(「エスケープ・ブライダル」より)。殺人街・櫃洗市で起きる奇妙・珍妙な6つの事件を描いた連作ミステリー。


う~ん、連作といっても共通するのは舞台が櫃洗市という点だけだったのですね。
「エスケープ・ブライダル」の真相はとても気に入ったのですが、犯人の供述が曖昧だったことから、これにはきっと裏があって、連作で解き明かしていくのかとばかり。
それでも、最終話の「エスケープ・リユニオン」に賭けていたのですが・・・肩透かしでした。
大富豪探偵にもっと活躍してほしかったなぁ。
「偸盗の家」の仕掛けも好みですが、後の4作品には意外性が足りなかったかも。

偉大なる、しゅららぼん/万城目学 ★★★☆☆

琵琶湖畔の街・石走に住み続ける日出家と棗家には、代々受け継がれてきた「力」があった。高校に入学した日出涼介、日出淡十郎、棗広海が偶然同じクラスになった時、力で力を洗う戦いの幕が上がった!

<あれほど下品な音は地上に存在しない>

読後、すぐに思ったのは「ああ、やっぱりホルモーが一番面白かったなぁ」ってこと。

ハリー・ポッターのような設定は好みなのですが、どうも詰めが甘いといいますか、土台がしっかりしてないまま事件に突入してしまうので、ワチャワチャした印象しか残りませんでした。
私としては、修行シーンをもう少し広げて欲しかったのですよ。
涼介の師匠が判明したとき、面白くなりそうな予感がしたのになぁ。

展開はドラマチックですが、伏線が丁寧なおかげで、どの真相も見事にすべて予想がつきました。
パティーがお気に入りキャラだったので、もう少し活躍して欲しかったです。
後半ではまるで普通の人になっていて残念。

次の作品、兵庫が舞台じゃなかったら読まなくてもいいかな。

オーダーメイド殺人クラブ/辻村深月 ★★★☆☆


中学二年のふたりが計画する「悲劇」の行方。
親の無理解、友人との関係に閉塞感を抱く「リア充」少女の小林アン。普通の中学生とは違う「特別な存在」となるために、同級生の「昆虫系」男子、徳川に自分が被害者となる殺人事件を依頼する。


<私は、徳川に殺してもらえる>

装画が素敵。
でも、タイトルは『オーダーメイド』だけで良かったような。
『本日は大安なり』がポップな雰囲気だっただけに、本書も和気あいあいとしたクラブ活動のようなノリを想像しながら読み始めてしまって、落差に凹んでしまいました。
確かに思春期少女の心理描写は抜群に巧いのですが、さすがにこういうテーマは食傷気味ですよ。

昆虫系男子の徳川がどんどん格好よく見えてきて、ラスト一行で「よし!」とか思ったりもしたけれど、やっぱりストーリーにもう一捻り欲しいなぁ。

黒い団欒/平金魚 ★★★☆☆


“不幸”はどこからやってきて、この家族を打ちのめしたのか。視点をかえた連作短編で明かされる真実。怪談の本質を衝いた驚愕のラストに瞠目。明るい深刻が恐怖を呼びおこす、ミステリーの要素も含んだ新感覚“家庭内”ホラー。第5回『幽』怪談文学賞大賞受賞作。

<もっと、死人だっていう自覚もったほうがいいよ>

一話目の受賞作「不幸大王がやってくる」の真相に、すぐにピンときてしまったのが残念。
それほど“新感覚”ではないような。
連作ということで、だんだんと不気味さが薄れていくわりには、ストンと納得できるような感覚も味わえず・・・。
雰囲気や構成はとても好みなのですが、なんだかピースを無理やり押し込んだような、スッキリしない読後感でした。

ところで、帯にある「驚愕のラスト」って巻末の著者のプロフィールのことですよね?
あまりのインパクトに、ストーリーを一瞬で忘れてしまいました。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。