スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスカレード・ホテル/ 東野圭吾 ★★★☆☆

都内で起きた不可解な連続殺人事件。次の犯行現場は、超一流ホテル・コルテシア東京らしい。殺人を阻止するため、警察は潜入捜査を開始し・・・。

<その仮面を尊重しなければなりません>

こんな題材だと、終始、高嶋政伸の顔がチラついてしまうお年頃です。
加賀さんのような優等生ではない新田のキャラは少し斬新だし、尚美も(キー入力のシーンくらいから)好感が持てるようになりました。
まったく期待していなかったからか真相は予想外でしたが、う~ん。何だか強引。回りクドイ。
人間ドラマと比べると、どうもミステリの詰めが甘く感じるのです。
昔は、どちらのクオリティも保ったまま巧く絡めてあったので余計に。
ここ数年は、ゴツイ事件を扱うほど物足りない気分になるので、またしのぶセンセのような作品を描いてみて欲しいなぁ。サヨナラしたけど。

キングを探せ/法月綸太郎 ★★★☆☆

奇妙なニックネームで呼び合う4人の男たち。なんの縁もなかった彼らの共通項は“殺意”。どうしても殺したい相手がいる、それだけで結託した彼らは、交換殺人を目論む。誰が誰のターゲットを殺すのか。それを決めるのはたった4枚のカード。粛々と進められる計画に、法月警視と綸太郎のコンビが挑む。

構成や展開が面白いので、珍しく深読みせずに物語を追うことに徹しました。
それがいけなかったのかしら。
終盤の駆け引きといい、とてもとてもよく練られたプロットだと思うのですが、やられた感は乏しく読後の印象はやや薄め。
本作と比べてストーリー展開が退屈だった『生首に聞いてみろ』の方が、真相のインパクトは大きかったかも。

境遇/湊かなえ ★★☆☆☆

政治家の夫と幸せな家庭を築き、さらに絵本作家としても注目を浴びる主婦の陽子。
家族のいない天涯孤独な新聞記者の晴美。親友同士のふたりは共に生まれてすぐ親に捨てられた過去を持つ。ある日、「世間に真実を公表しなければ、息子の命はない」という脅迫状と共に、陽子の5歳になる息子が誘拐された。真実とは一体……。晴美と共に「真実」を求め奔走する陽子。すると、陽子の絵本のファンだという一人の女性の存在が浮上する。


<きれいな青空なのに、汚れちゃったね>

なんとも印象の薄い作品でした。
陽子と晴美の「境遇」を強調したいのは分かりますが、キャラクターが弱すぎるため読み応えがないのです。
(絵本の内容が平凡すぎて、これがベストセラー?という違和感も。)
ミステリとしては真相が見えやすいし、サスペンスの面でも緊張感がなく、後にはなにも残りませんでした。

謎解きはディナーのあとで 2/東川篤哉 ★★★☆☆

令嬢刑事麗子と風祭警部の前に立ちはだかる事件の数々。執事の影山は、どんな推理で真相に迫るのか。そして、「影山は麗子に毒舌をいつ吐くの?」「二人の仲は、ひょっとして進展するのでは?」「風祭警部は、活躍できるのか?」など、読みどころ満載な上に、ラストにはとんでもない展開が待っていた!?

<つまり、わたしの頭は裸電球ってことね>

ミステリとしてはやっぱり印象が薄いですが、シリーズ前作よりは楽しめました。
ロジックが甘すぎるのであまり安楽椅子探偵に拘らないほうがいいと思っていたのと、私はアノ彼よりもう一方の彼が好きなので、今回の展開には満足。
そして麗子のアノ台詞、アノ彼はスルーでしたが、もう一方の彼が誤解してるような予感。
お気に入りは「殺しの際は帽子をお忘れなく」。そっちか!と思った。

ロートケプシェン、こっちにおいで/相沢沙呼 ★★★★☆

やっと酉乃の本心を受け止める事ができたと思ったクリスマスのあの日。勢いと雰囲気の力を借りて告白した僕は、なんと彼女の返事はおろか、連絡先さえ聞き忘れたまま冬休みに突入してしまった。もしかして迷惑だった?悶々と過ごす僕に、新年早々織田さんたちからのカラオケの誘いがかかる。そこで起こったちょっとした事件の謎を解くべく、僕は『サンドリヨン』へと向かうが…。

<ねぇ、あたしの願いは、叶うと思う―?>

「恋のおまじないのチンク・ア・チンク」は既読。
ある女生徒の暗鬱な展開を予感させるRedBackと、ほのぼのとした須川くんの日常の謎を描いたBlueBackとの対比が見事。
前作で感じた須川くんの気持ち悪さも払拭され(ムッツリは健在)、ハツとのラブストーリーも微笑ましく感じました。
少しずつ心を開いていくハツもとても可愛らしいのですが、それ以上に八反丸さんのキャラが秀逸。
「恋のおまじない~」の仕打ちとか面白すぎる。
読み進むにつれ、少しずつ違和感がカタチになってしまい、残念ながらサプライズは不発に終わってしまいましたが、こういうプロットはとても好み。
次も期待!

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分用のメモ。真相に触れています。下の方へどうぞ。




















調理実習室に落ちてた指は、須川くんに見せたハツのマジックのタネってことでいいのかな。
あと一点、同じクラスのグループにハブられたくないからっていうならともかく、別のクラスの子たちと一緒になって「ユカ」をハブらないといけない理由がよくわからないのだけど。

ネオカル日和/辻村深月 ★★★☆☆

新鋭作家・辻村深月の興味の赴くままに、人気アニメから伝統芸能まで日本の新(ネオ)カルチャーの現場を歩く初のルポ&エッセイ集。各紙誌へのコラムも満載、ショートショート・短編小説を特別収録。

一つひとつのエッセイが短いのでサラサラと読めるのですが、なんだかとっても味気ない印象。
楽しみだった短編小説も一編(「さくら日和」)は既読だったのが残念。好きな話だからいいけれど、物足りないなぁ。
ちなみに「ミステリ好きの子供で、ルパンとホームズの洗礼を受けていない子供はいない」との一文を読んで、受けてないよ!とショックだったり。(私は乱歩派)
これまでの作品に影響を及ぼした「ネオカルチャー」は興味深かったですが、それ以外に「発見」はあまりなかったかなぁ。
あ!出産には驚きました!読後はこちらも幸せな気持ちに。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。