スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mystery Seller/我孫子武丸・他 ★★★☆☆

日本ミステリー界を牽引してきた8人の作家の豪華競演。御手洗潔、江神など、人気のおなじみの主人公から、気鋭の新たな代表作まで、謎も読み口も全く異なる八篇を収録。すべて読み切り、どの事件から解くのもよし。極上のトリックに酔いしれる、ミステリーファンに捧ぐ、文庫史上もっとも豪華なアンソロジー。

<少々病んできたのかもしれない>

「進々堂世界一周 戻り橋と悲願花」島田荘司
島田作品ってこういう傾向になってきているのかしら。
読み応えはあるけれど、メッセージ性が強すぎるかなぁ。
「四分間では短すぎる」有栖川有栖
謎も面白いけれど、『点と線』に対する有栖川さんの解釈が興味深かった。
「夏に消えた少女」我孫子武丸
サプライズのキレが抜群。あ~びっくりした。
「柘榴」米澤穂信
こういった種類の動機は苦手だけれど、ラスト一行がたまらない。
「恐い映像」竹本健治
テーマはとても面白いのに、キャラクターのせいで安っぽく仕上がっていて残念。
「確かなつながり」北川歩実
真相が北川さんらしいわー。ブレないわー。
「杜の囚人」長江俊和
「一転」には驚いたけれど、そこからの展開はどうしても読めてしまうよね。
「失くした御守」麻耶雄嵩
この読後のザワザワした気持ち悪さといったら!
さっすが麻耶さん。

サファイア/湊かなえ ★★★☆☆

宝石に願いを込めて。
7つの宝石に込められたそれぞれの想い。
想いはきっと届く。
あなたに返し忘れたもの。それは・・・。


<宝石が人生を輝かせるなんて、笑わせる>

「真珠」
あまりヒネリはなく、もの足りない結末。
「ルビー」
なんだか少し泣けてくるような。家族がいい味出しています。
「ダイヤモンド」
まさかのSF。そしてまさかのオチ。
「猫目石」
赤川次郎風の展開。嫌いじゃないわぁ。
「ムーンストーン」
これには、やられた、というより、一瞬「?」となった。抜群にドラマチック。
「サファイア」
切ない切ないストーリー。
「ガーネット」
結末としてはキレイだけれど、なぜこれだけ連作?という不自然さと、「サファイア」の切なさで終わらせてほしかったなぁという残念な気持ちが残った。

お気に入りは「ルビー」「ムーンストーン」
全体的にイヤミス風味ですが、読後感は悪くないです。
それにしても、相変わらず女性の容姿に対する毒舌がたっぷりで、グサグサ突き刺さりましたよ。

鍵のない夢を見る/辻村深月★★★★☆

望むことは、罪ですか?願いが転落を呼び込む。ささやかな夢を叶える鍵を求めて5人の女は岐路に立たされる。

<仕方ないじゃないか、人間なんだから>

一話読み終わるごとに、深くため息をつきたくなる短編集。
これまでの作品の雰囲気を少しずつ混ぜ合わせながらも、ストーリーで直球勝負しているような迫力を感じました。

「仁志野町の泥棒」
設定が斬新。なんともいえない虚しさ漂うラストにやられた。
「石蕗南地区の放火」
主人公の感じるストレスにも、打算に揺れる気持ちにも、一番共感できたなぁ。
「美弥谷団地の逃亡者」
どんどん雲行きが怪しくなる展開に惹き込まれる。
ラストの台詞には、衝撃と「やっぱりなぁ」という想いが同時にきた。
「君本家の誘拐」
救いはあるけれど、これが一番後味が悪かったりする。

実際に起きた事件を題材にしている作品もあり、その背景が見えるようで興味深かったです。
やっぱり、既読の「芹葉大学の夢と殺人」が秀逸。
描かれている女性心理のすべてに共感することはないですが、一つひとつの表現に胸が騒ぐのです。
久しぶりに、辻村深月の筆力に圧倒されました。

Happy Box/伊坂幸太郎・他 ★★★☆☆

「weather」(伊坂幸太郎著)大友は、親友・清水の披露宴に出席することになったが、新婦から女性関係が派手な清水の調査を頼まれる。最近、不審な言動が多いらしい。司会の女性、ウエディングケーキ、キャンドルサービス。すべてが怪しげに思えてくる披露宴。そして宴もたけなわとなった時、大友はあることに気づくのだが……。

<天気の話に切り替えたくて仕方がない>

作家全員の名前に「幸」がついているなんて、解説を読むまで気づきませんでした。
お気楽なハッピーをイメージして読むと複雑な気持ちになるかも、な短編集。

「weather」伊坂幸太郎
おお~、私はてっきり主人公の推理が正解だと思ってました。
真相の見せ方が鮮やかでイイ。
「天使」山本幸久
初読みの作家さん。
おばあちゃんの過去や境遇に惹きこまれて苦しくなるけれど、ストーリーは普通。
「ふりだしにすすむ」中山智幸
初読みの作家さん。
文章が合わないのか、ハッとさせられそうな真相なのに効果がイマイチ。
「ハッピーエンドの掟」真梨幸子
これは確かにイヤミス。←褒め言葉。
ラストの捻りが効いてます。
「幸せな死神」小路幸也
読みやすいのに、短すぎてもの足りないかも。
あえて対抗してみたということですが、私は伊坂さんの死神の方が好みかな。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。