スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノエル/道尾秀介 ★★★☆☆


物語をつくってごらん。きっと、自分の望む世界が開けるから――理不尽な暴力を躱(かわ)すために、絵本作りを始めた中学生の男女。妹の誕生と祖母の病で不安に陥り、絵本に救いをもとめる少女。最愛の妻を亡くし、生き甲斐を見失った老境の元教師。それぞれの切ない人生を「物語」が変えていく……どうしようもない現実に舞い降りた、奇跡のようなチェーン・ストーリー。


<世界は少しだけ明るくなった>

伏線バッチリで一番好みの「光の箱」が既読だからか、連作の魅力があまり感じられなかったかも。
どれも読後感がいいですが、登場人物の心理描写だけがやたら印象に残って、ストーリーはほぼ忘れかけております。
そして『プロムナード』にもあるように、どうしても童話(絵本?)を載せたかったのかもしれませんが、絶望的に面白くないことが残念だったり。

カマラとアマラの丘/初野晴 ★★★★☆

「カマラとアマラの丘」
セラピストのわたしはハナの遺骨と遺灰を埋葬してもらうために秘密の霊園を訪れ、墓守と名乗る青年と出会った。
そして、わたしは彼にハナとの物語を話すことになった・・・。

「ブクウスとツォノクワの丘」
秘密の霊園を訪れた夫婦。
彼らが引きずってきたシュラフにはビッグフットの遺体が入っていると、夫は言う。
しかし、夫と妻の話は食い違いが多く・・・。

「シネレッタの丘」
霊園を訪れたのは、殺人事件を追う刑事。
殺人現場を目撃したと思われるインコを探していると言う。
そのインコには、とても高い知能があった・・・。

「ヴァルキューリの丘」
裏社会に顧客を持つ弁護士・鷺村は、クマネズミ駆除を請負う「おんじい」の後をつけて霊園にたどり着く。
地元の名士・藤城が土地売買契約後、突然、山林を不法占拠し、その原因におんじいが関係しているのではと怪しんだのだ・・・。

「星々の審判」
僕は保健所に連れて行かれたライカを取り戻し、7ヶ月間一緒に時を過ごしたあと、記憶がぷっつりと途切れてしまった。
そして気づくと、ライカのあとを追って遊園地へと迷い込んでいた・・・。


<すべてはあなたのため>

この世界観。
どれも哀しい童話を読んでいるよう。
余韻の重さが半端なかったです。

前半のトリッキーな仕掛けはもちろん、そのままでも十分インパクトのある真相にさらにヒネリを加えて、より深く衝撃を与えるテクニックが絶妙。
連作としてのオチもちゃんと用意してあって、ホッとしました。
青年の「嘘が大嫌い」と「一番大切にしているものを差し出す」という設定が少し弱かったり、題名になっている伝承や神話もヴァルキューリ以外はこじつけっぽく感じたりもするのですが。でも満足。
ほんと、クマネズミの章は壮絶の一言でした。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。