スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落日のコンドル/霞流一 ★★☆☆☆

プロの暗殺者[影ジェント]瀬見塚は豪華客船のオーナーを暗殺するため洋上の船に潜入した。船員はみな薬物で眠らせたはずだったが、なぜか暗殺チームの一人が殺される。しかも船は自動操縦で数時間後に座礁の危機。暗殺任務に加え、どこからともなく飛来したコンドル三兄弟の襲撃をかわし、仲間殺しの犯人を見つけなければならない。本格パズル・ロワイヤルの幕が開く!

<まず、殺し屋としては犯人でありたい>

ターゲットを倒すだけでなく、その証拠の「手首」をめぐって仲間同士も対決するという状況だということで、影ジェントたちの心理に基づいたロジックは面白いのですがねぇ。
キャラクターや設定が特殊すぎて、メインの真相がどうしても地味に感じてしまうのが残念。
前作よりも戦闘シーンが辛く感じて、ほとんど読み飛ばしてしまったのが失敗だったのか・・・でも、しっかり読んでいてもそれほどの効果はなかったような・・・。
2つ目の真相は好みなのですがね。
何よりも、霞作品にはもっとユーモアが欲しいのですよ。

シンクロニシティ/川瀬七緒 ★★★☆☆

東京・葛西のトランクルームから女性の腐乱死体が発見された。捜査一課の岩楯警部補は、若手刑事の月縞を指名して捜査に乗り出した。発見現場に蠅とウジが蝟集していたことから、捜査本部は法医昆虫学者の赤堀涼子の起用を決定する。

<虫が赤堀を全面的にバックアップしていた>

ウジの数を「お茶碗何杯分?」と訪ねたりする赤堀のキャラは、相変わらず楽しいです。
もう少し岩楯サンとの仲が進展してもいいと思うのですが。このくらいがいいのかな。
藪木のストーリーでは、おばあちゃんとのやり取りに癒されますが、犯人側の描写が足りないかも。トランクルームに運んだ動機も弱いかなぁ。
でも、謎やストーリー展開は文句なしに面白いので、このシリーズは好きです。

綾辻行人殺人事件 主たちの館/天祢涼・他 ★★★☆☆

綾辻行人と推理イベント「ミステリーナイト」が仕掛けたデビュー25周年コラボ作品『主たちの館』。謎の館「蜃気楼館」を再現した舞台の上で惨劇が起きた!被害者は綾辻行人!?遺された血文字、開かずの間、密室、舞台にある仕掛け…さまざまな謎と手がかりから読者は真相を見抜けるか?二〇一二年・夏に開催された本格推理イベントを書籍化!読めばあなたも名探偵に。

これは天祢さんじゃなくて、誰が書籍化しても同じ感想になったのでしょうが、あまり面白さは伝わってこなかったです。
脚本の形にすれば、もっと読みやすかったのかも。
綾辻さんと有栖川さんの対談が読めるのが嬉しい。

人魚姫 探偵グリムの手稿/北山猛邦 ★★★☆☆

王子と結婚した日、人魚姫は、自らに剣を刺し、泡となって消えた。その翌日、王子が殺される。 王宮が動揺するなか、王子の側近くにいて、消えた人魚姫に疑いがかかるが……。同じ頃、宮廷に出入りしていた少年アンデルセンは、海辺で人魚姫の姉に出会う。そして、2人はグリムの協力を得て、事件の真相を追及することに……。

<人間になって、あの人のところへ行きたい>

人魚姫が泡になって消えた後に王子が殺されるというストーリーにワクワクしてしまいました。
グリムのロジック(消去法)が雑で驚いたり、「piriod」のエピソードで真相が読めてしまったりしましたが、細かいことは気にせずに全体的な雰囲気を楽しむ作品なのでしょうね。
私としては、結構終盤の方までファンタジーの設定を疑っていたので、読み方を失敗したなぁと。

のぞきめ/三津田信三 ★★★☆☆

辺鄙な貸別荘地にバイトに来た若者たち。彼らは禁じられた廃村に紛れ込み恐怖の体験をしたあげく、次々怪異に襲われる。そこは「弔い村」の異名をもち「のぞきめ」という化物の伝承が残る、曰くつきの村だったのだ・・・。

<何かが、私のこと覗くんです>

今回はあまり怖くなかったですねぇ。
とはいっても、途中で本を閉じて表紙を見た瞬間、凍りつきそうになりましたが。
後を引く怖さではありませんでした。
「覗き屋敷の怪」は普通に面白く、「終い屋敷の凶」は怪異の描写が延々と続くのでやや退屈。
待ちに待った伏線の回収も、取ってつけたような雑な印象でした。
『ついてくるもの』がクオリティの高い短篇集だったので期待しすぎたかしら。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。