スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬいぐるみ警部の帰還/西澤保彦 ★★★☆☆

殺人現場にぽつんと遺されていたぬいぐるみ。ぬいぐるみは、何を語る?イケメン警部・音無の密かな楽しみは、ぬいぐるみを愛でること。遺されたぬいぐるみから優れた洞察力で事件解決の手がかりを発見する―。そしてその音無にぞっこんの則竹女史。さらにミステリオタクの江角刑事や若手の桂島刑事など、個性派キャラが脇を固める、連作短編集。

「お弁当ぐるぐる」のあのコンビがやっとシリーズ化しました。
ミステリ色が強いし、ロジックの強引さもそれほど気にならないし、後味も苦くて好みなのですよ。
でも、別にこのコンビでなくてもいいような。
ぬいぐるみの存在もいらないような。
何だか思ってたのと違うー、という読後感。

硝子の探偵と消えた白バイ/小島正樹 ★★★☆☆

警視庁の管理官・幸田が乗る自動車を先導していた白バイが、乗務する警官とともに消失。幸田は庁内で「ガラスの探偵」と囁かれる探偵・朝倉に謎の解明を依頼する。現場調査の最中にビルの屋上で発見された白バイ警官の射殺体。そして、かつて同じ場所で起こったストーカー殺人事件が、朝倉を迷宮へと誘う―。

<すぐに推理が砕け散る>

「硝子の探偵」の意味といい、これまでと違って「いい意味で」クセのある主人公でした。個人的にはもう少し派手に弾けてもらってもいいくらいですが。
小太郎がカワイイ。

ただ、キャラクターにアイディアを注ぎ尽くしたのか、真相は拍子抜けの連続で。
屋上に出現した白バイの真相なんて、思わず二度読みしてしまいましたよ。
ページ数が少なくてよかった、という読後感。

一つ屋根の下の探偵たち/森川智喜 ★★☆☆☆

二人の探偵とハウスシェアを始めた新人エッセイストの浅間修は、苦しい経済状況を打破するために、同居人の探偵捜査についてルポルタージュを書くことに。そんなとき、雑誌に「アリとキリギリス事件」の記事を発見。奇妙な密室で男が餓死し、その床にはアリの巣のような穴があいていたという。対象の事件は決まった。しかしルポに採用されるのは、一人だけ。勝負を面倒がる探偵・天火隷介を、真面目な探偵・町井唯人が説得し、二人は対決することに。

(さすがに最初の喫茶店のロジックはどちらもショボかったですが)異なるロジックで一つの真相を突き止めるという流れはやっぱり珍しくて好みなのですよ。
でもねぇ。小説としての旨味はあまり感じられないといいますか。
キャラクターが中途半端なのかハウスシェアでの生活があまり盛り上がらず、町井と天火の勝負にも興味ゼロ。
もう、終盤まで「床に空いた穴の真相が相当なモノでありますように」とか祈りながらの読書でした。

そして確かに真相は意外性があるのですが、それ以上に犯人のマヌケさが目立ってしまったような印象。
「アリとキリギリス」のモチーフも、真相へのつながりには納得しましたが、それまでの押し付け感が不自然で。
作中でも触れているけれど、「アリの穴」に例えるかね?

うーん。ほんと「目の付け所が違う」ミステリなんですがねぇ。なんか惜しい。
この作家さん、ファンタジー小説の方がいろいろと気にならなくていいかも。文体も含め。

Arknoah 1 僕のつくった怪物/乙一 ★★☆☆☆

父親を亡くした兄弟・アールとグレイ。2人は不思議な世界『アークノア』に迷いこんでしまう。そこで2人は出会う、自らの心の影から生まれた恐ろしい『怪物』と…。

必死に世界観を説明しようとする印象を受けるのか、どうにも惹きこまれにくいというか、ある意味「映像化してほしい」と思いました。読むのがしんどいファンタジー。
また、グレイの口の悪さで読みにくさ倍増。あの翻訳口調はないわー。

展開は王道だし、説明臭くてスピード感に欠けるし、謎にも深みがない。
「アークノア」で暮らす人々のルールや、怪物視点のストーリーは乙一らしさ全開で面白いのになぁ。
シリーズなのに、続きが全然気にならない。これで終わりにしよう。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。