スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探偵部への挑戦状/東川篤哉 ★★★☆☆

鯉ケ窪学園、秋の学園祭。探偵部員と久しぶり(?)に、お好み焼き屋台へ興じる涼のもとへ「ミスコン」への誘いが。だがそれは、探偵部のライバル、ミステリ研究会から「ミステリ・コンテスト」への招待だった。挑戦者の名は大金うるる。やはりエアコンの名を持つ美少女が、霧ケ峰涼へ推理ゲームを持ちかけて来た。架空に設定された密室事件を挑まれた涼。エアコン探偵同士の推理合戦は―(『霧ケ峰涼への挑戦』)。

<生まれたときから宿命付けられた関係なのよ!>

最近の作品と比べると全体的にユーモアがあって楽しめました。
お気に入りは「霧ヶ峰涼への挑戦」
涼と同じ宿命を背負った新キャラがいい味出してます。
密室の真相も意外で「鯉ミス」部員たちの頑張る姿にも笑いました。
それにしても、探偵部シリーズが1つに集結したのにはびっくり。
辻褄を合わせようとしないところが東川さんらしいわ。

川口春奈主演で、またドラマ化してほしいなぁ。
コミカルな動きといい表情といい、東川作品の世界観にピッタリなんですよね。

オーブランの少女/深緑野分 ★★★★☆

美しい庭園オーブランで、ある日、異様な風体の老婆に庭の女管理人が惨殺され、その妹も後に自ら命を絶つという事件が起きる。作家の私は、後日管理人の妹が所有していた、オーブランの恐るべき過去が綴られた日記を手に入れる。かつて重度の病や障害を持つ少女がオーブランの館に集められたこと。彼女たちが完全に外界から隔絶されて謎めいた規則に縛られていたこと。ある日を境に、何者かによって次々と殺されていったこと。なぜオーブランは少女を集めたのか?

<互いの痛みがわたしたちの絆だった>

何と言っても、やっぱり表題作のインパクトが強かったです。
予想を裏切る展開に驚き、最初は取っ付きにくく感じた文章にもどんどん魅了されていきました。
美しいものも残酷なものも表現がとても豊富で、「片想い」なんて、どうってことのないストーリーなのですが、心理描写だけで読めてしまいました。
ミステリとしてみると、「仮面」は最初から真相が透けて見えるほど平凡な仕上がりでしたが、「大雨とトマト」は短いけれどキレイに纏まっていました。
「氷の皇国」のオチはもう少し何とかならなかったかなぁ、と。あと一押しで切なくなれたのに。
「仮面」「氷の皇国」は丁寧な描写が裏目に出て、ラスト付近がダラダラとした印象なのですよね。
一話ごとにいろんな作風が楽しめるだけに、最終話が表題作と同じ構成なのが残念な気もしますが、物語の力を感じる一冊でした。次も読みます。

貴族探偵対女探偵/麻耶雄嵩 ★★★★☆

「貴族探偵」を名乗る謎の男が活躍する、本格ミステリーシリーズ第2弾! 今回は新米女探偵・高徳愛香が、すべてにおいて型破りな「貴族探偵」と対決! 期待を裏切らない傑作トリックの5編収録。

<君はどうしても私を犯人にしたいようだね>

「白きを見れば」は既読。
麻耶作品というとすべてのキャラクターが無機質な印象でしたが、だんだん血が通ってきたのかしら、今回も楽しく読めました。
貴族探偵のライバル(?)女探偵・愛香が登場するのですが、この2人の対立する関係がとっても良くて。
苦手だった貴族探偵も愛香のおかげで好感度が上がりましたよ。
貴族探偵を「髭」呼ばわりなんて、最高でした。

真相はシンプルで大体予想がつきますが、やっぱりロジックは独特。
お気に入りは最終話の「なほあまりある」
このオチは、なるほど!でした。
「幣もとりあへず」もおおっと思ったのですが、「あの作品」と比べると短編ならではのモヤモヤが残るかなぁと。
愛香が失敗から少しずつ学んだり、過去の情報もロジックに組み込まれているのが面白いです。
紗知に同情されたり、依子の「またか」という表情にも笑った~。

疫神/川崎草志 ★★★☆☆

「それ」は日本の小さな町で始まった。変異に気づいたのはたった一人の男の子。人類の運命を握るのは誰か?大切なものを守りたい。その思いは世界を救うのか?

<あかいひとが きた・・・>

ケニアで発生したオレンジカビの行方を追う博士、長野県で暮らす家族、奥多摩の家族、3つの視点でストーリーが進むのですが、正直言って3つともそれぞれ別の作品で読みたかったです。
真相が雑といいますか、3つの話を慌ててつなげた印象なんですよね。
ホラーな部分はじわじわと怖く、桂也のいじらしさや曽祖母の症状など、とても繊細な描写で読み応えがあったので、余計にガッカリしてしまいました。
不意に現れる「あの人」を殺したいという衝動に駆られる夫婦も面白い発想なのに、こんなオチじゃもったいないですよ。大体予想がつくし。
よくあるパンデミックものの「大混乱!」的な流れでないのは好みですが、どうしても風呂敷を広げすぎた感が出てしまうのが残念だったり。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。