スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴースト≠ノイズ/十市社 ★★★☆☆

高校入学からまもなく、ある失敗をきっかけに孤立し「幽霊」と言われている一居士架の高校生活は、席替えで玖波高町が前の席になったことから変わりはじめる。文化祭の準備の手伝いのため、高町と放課後の図書室でともに過ごすようになった架は、久々に誰かと話す時間に安らぎを見出していた。一方、二人の通う高校の敷地内では、蝶結びのサインを残した動物の死体が続けて発見される。「彼女」は何を見ていたのか。「ぼく」には何が見えていなかったのか。

題材や真相は特に目新しくないのですが、文章が素敵なんですよね。
前半に延々と描かれる孤独な少年の心情も、よくまぁこんな風に表現できるものだと驚きました。
ただ、動物死体遺棄事件は大げさすぎるというか、あまり必要ないかなぁ。

亡霊ふたり/詠坂雄二 ★★☆☆☆

名探偵の資質とは、謎を解き明かす能力以上に、謎に出合う能力。名探偵志願の女子高生は、そうそう出合えるわけもない魅力的な謎を求め、日夜努力を積み重ねる。自らの探偵活動に、彼女は毎度ボクシング部所属の男子高生をつき合わせるが、彼女は知らなかった―彼が卒業までにひとをひとり殺そうと計画している、殺人者志願の少年であることを!ミステリというフィルターを通してしか書き得なかった、ヴィヴィッドな青春小説の傑作登場。

『遠海事件』が未読だと疎外感を味わうことになる内容なので、あらすじから期待したほどには楽しめませんでした。
少年が殺人者を志願する動機や熱意が「?」なので、事件や謎にもう少し理解不能な部分があってほしかったなぁ。
全体的にとても地味な印象。青春小説としてはいいのかも。

ダンガンロンパ霧切 2/北山猛邦 ★★★★☆

「犯罪被害者救済委員会」が招く新たなゲーム……“探偵オークション”! この窮地を霧切響子と五月雨結は切り抜けられるのか!?

<極端な正義は邪悪と変わらないわ>

面白かった!
前作は世界観を説明するという内容だったので少し物足りなかったのですが、今回は殺人事件にオークションの要素も取り入れるというとっても贅沢なストーリーにワクワクしました。
物理トリックは相変わらず奇抜な印象ですが、「あの凶器」の登場シーンは鮮やかでした。ここか!と。
緻密なプロットだということに気付かされる終盤の謎解きは本当にお見事。
霧切響子がだんだんキュートになってきて、五月雨結はやっぱり頼りなくて、などキャラクターも魅力たっぷり。
黒幕の正体もますます気になるし、続篇が待ち遠しいです。

致死量未満の殺人/三沢陽一 ★★☆☆☆

雪に閉ざされた山荘で、女子大生・弥生が毒殺された。容疑者は一緒に宿泊していた同じ大学のゼミ仲間4人――龍太、花帆、真佐人、圭。密室状況で、同じ食事、同じ飲み物を分け合っていたはずなのに、犯人はどうやって弥生だけに毒を飲ませることができたのか。残された4人は推理合戦を始める……15年後、雪の降る夜。花帆と夫の営む喫茶店を訪れた龍太は「弥生を殺したのは俺だよ」と告げる。たび重なる推理とどんでん返しの果てに明かされる驚愕の真相とは?

うーん。王道の舞台設定や「犯人の自白」から始まるという構成はとっても好みなのですがねぇ。
文章が合わないのと、毒を準備するシーンがやたら長かったり、情報が重複したりなど、全体的にテンポの悪さを感じました。
隆太の動機も弱いというか・・・真佐人を主役にした方が説得力があるような。
毒を飲ませた方法は盲点で「おっ」となりましたが、他は細かいところまで想像通りの真相でした。
どんでん返しが昔のミステリを思い出して懐かしかったです。

アルモニカ・ディアボリカ/皆川博子 ★★★★☆

18世紀英国。愛弟子エドらを失った解剖医ダニエルが失意の日々を送る一方、暇になった弟子のアルたちは盲目の判事の要請で犯罪防止のための新聞を作っていた。ある日、正体不明の屍体の情報を求める広告依頼が舞い込む。屍体の胸には“ベツレヘムの子よ、よみがえれ!アルモニカ・ディアボリカ”と謎の暗号が。それは、彼らを過去へと繋ぐ恐るべき事件の幕開けだった。

<ロンドンに、悲惨の種は多すぎる>

今回も、壮大な物語を堪能しました。
傑作『開かせていただき光栄です』の続篇ですが、期待通りの面白さでした。

屍体の胸に書かれた「ベツレヘム」と「アルモニカ・ディアボリカ」の意味とは。
吹きガラス師とその恋人が巻き込まれた事件。
「ベツレヘム」で虐げられる人々。
14年前、洞窟で一体何が起こったのか。

前作のようなドラマチックなサプライズはなく、判事の推理にもう少し伏線が欲しいところですが、読み応えたっぷりの3つのストーリーが少しずつ繋がっていく展開はとても興奮しました。
ただ最初は、シリーズ化したんだ~と単純に喜んでいたのですが、まさかこんな主要人物を巻き込む内容だとは思わなかったので、ちょうどP100で受ける衝撃は凄まじかったです。
これ以上、ダニエル先生が寂しい思いをするのは可哀想ですが、続篇を希望します。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。