スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向日葵は見ていた/西本秋 ★★★☆☆

住人すべてが何らかの事情を抱えるひまわり荘に、ある夜、東京から来た父娘とみられる2人が入居する。小学生のコウは同い年の少女・有羽に興味を持つが・・・。15年後、図書館で見つけたひまわり荘の写真により記憶が蘇った「私」は、自分の罪と向き合うために過去を調べ始める。
15年前の夏休み。ある村の下宿で、住人が一夜にして姿を消した。後には、呪われた館と、ひまわりと、ひとつの死体が残った―。


<待っていた。ずっとずっと待っていた>

魅力的なあらすじから想像するよりも、かなりゆっくり進むストーリー。
ひまわり荘に暮らす謎めいた住人たちの様子や、15年後の「私」に起こるフラッシュバックなど、魅力的な展開もあるのですが、全体としては「牧歌的な夏の思い出」という印象でした。
ミステリとしてみると、切なさとサプライズが同時にくるタイプの真相でとても好みでした。
コウと有羽にあとほんの少しの可愛気があれば、もっとガツンときたかも。
コウの心情が丁寧に描かれているのに、大切なトコロが伝えきれていないような物足りなさが残りました。
ひまわり荘の住人たちの「その後」も詳しく知りたかったです。

ワースト・インプレッション/滝田務雄 ★★☆☆☆

女刑事の理恩には問題が多い。減らず口を叩いたり、食い意地が張っていたり、すぐ迷子になったり。だが推理だけは超一流!コワモテの部下である拾得とともに、タレント歌人の失踪、大学教授の謎の死といった4つの難事件に立ち向かう。

うーん。この男女のキャラクターに全然馴染めなくて、とっても苦痛な読書でした。
理恩なんて、これだけキャラが立っているのにイメージが掴みにくいってどうなのか。
そして、ミステリよりも会話のやりとりが楽しみな作家さんなのに、今回はどこまでも不発で少し心配になったり。

三階に止まる/石持浅海 ★★★☆☆

あなたの会社やマンションは大丈夫? 誰もボタンを押していないのに、必ず3階で止まるエレベーター。住民がそこに見たものは……? 奇妙な表題作はじめ、思わず背筋の凍るミステリー短編集。

<そこに「恐怖すべきもの」が
           あることだけは感じていた>


表題作と「院長室」は既読。
やっぱり石持ミステリは、SFが舞台の方がいろいろと気にならずにすんで読みやすいです。
「転校」のラストはキレがあって好みだし、「黒い方程式」の発端となる出来事は面白いのですが、だんだん夫の心理にゾッとしてきたり。
最近、アンソロジーで読んだ「ナナカマド」も面白かったので、次はホラーミステリばかりを集めた短編集を希望します。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。