スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群青のタンデム/長岡弘樹 ★★★☆☆

警察学校での成績が同点で一位だった、戸柏耕史と陶山史香。彼らは卒配後も手柄を争い出世をしていくが―。なぜ二人は張り合い続けるのか?異色の連作短篇警察小説。

真相で突然現実感が吹っ飛ぶことの多い長岡作品ですが、ライトミステリの感覚で読むとなかなか楽しめることに気づきました。
「張り合い続ける2人の警察官」という設定なのでもっとギスギスした雰囲気なのかと思ったら、小競合うくらいのライバル関係という点も読みやすくていいですね。
エピソードの詰め込みすぎや、数十年経過したというストーリーに深みが感じられなかったのが残念かな。
お気に入りは「予兆」。この真相は予想外でした。

どこの家にも怖いものはいる/三津田信三 ★★★☆☆

作家の元に集まった五つの幽霊屋敷話。人物、時代、内容…バラバラなはずなのにある共通点を見つけた時ソレは突然、あなたのところへ現れる。これまでとは全く異なる「幽霊屋敷」怪談に、驚愕せよ。

ギョッとするのは表紙イラストだけでした。
三津田作品にしては設定もストーリー展開も目新しさがなく、どの怪談もまったく怖くないのです。
「幕間」が何かと恐怖を煽ってくるのですが、かなり拍子抜けの読後感。
5つの話の共通点も強引でスッキリしないし。
うーん。パワー不足でした。
そして、他作品の執筆秘話が(今回は特に)無粋に感じました。

なぜなら雨が降ったから/森川智喜 ★★☆☆☆

ある雨の日「Yuregi Detective Office」の表札がある部屋の前で、女の人が一人で煙草を吸っていた。「あの、もしかしてここの事務所の方ですか」「そうよ」「探偵さん…ということですか?」「そうなるわね」「すごいですねえ。あの。探偵さんってことは、推理とか、するんですか?」「まあね。あなた、もしかして最近、新しく靴を買ったんじゃない?」春夏秋冬、そしてまた春―雨女探偵が出会う5つの事件!

最終話の「被害者は傘をささずにどうやって現場に来たのか」という謎の答えは、唯一「おっ」となりましたが、他の作品は単に大学生の日記をダラダラと読む感覚で退屈でした。
読み終わるのにとても時間がかかりました。
うーん。もういいや。

今だけのあの子/芦沢央 ★★★☆☆

何時だって何歳だって女の友情はめんどくさくって、あやうくって、美しい。OL、ママ友、中高生…。さまざまな年代、立場の女性の友情に隠された想いを情感あふれる筆致で描ききる!注目度ナンバーワンの新鋭が贈る連作ミステリ。

辻村深月が描く女の友情と長岡弘樹作品のような捻りが味わえる作品。
「届かない招待状」
意外性にこだわるあまり登場人物の行動が不自然な印象に。
「帰らない理由」
少年はともかく少女の目的が面白い。ラストもベタだけどいい。
「答えない子供」
ソウくんママにも自分を変える必要があると思うので、そこまで書いて欲しかった。
「願わない少女」
自分だけ置いて行かれそうになる焦りや孤独感がひしひしと伝わってきた。
ミステリ的にもこれが一番好み。
「正しくない言葉」
事情を話せばいいのに、と考えるにはやや複雑な問題だという点が上手い。

連作といっても単なる登場人物のリンクだけだったのが残念かな。
第二話のつながりから、第一話の過去の事件を深く掘り下げていくのかなと期待したので。

武蔵野アンダーワールド・セブン―多重迷宮―/長沢樹 ★★★☆☆

可憐な美貌を持つ財閥令嬢から依頼された“鱗雲荘”の調査。有力政治家として名を轟かせた彼女の祖父が遺したその建物の地下には、鍾乳洞を利用して建造された巨大なシェルターが存在していた。そこで七ツ森神子都をはじめとする地下世界研究会のメンバーが屍蝋化した遺体を発見した瞬間、恐るべき連続殺人の幕が開く!

前作と違って、ストーリーは途中から一気に面白くなります。
堅苦しい舞台設定には困惑しましたが、この作家さんには珍しく、シェルターの説明や人物の動きが解りやすかったです。
ただ、めちゃめちゃ早い段階で真相にピンときてしまったのが残念。
動機は好みなのですが。弱いなぁ。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分用のメモ。真相に触れているので、OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
不自然なくらいツグミや澤野の容姿がイメージできない&違和感のある文章なので、「そう見せかけて実は・・・」というテクニックなのかもしれないと思っていたら、まさかの「まんま真相」だったときの衝撃。
地下シェルターと神子都の事情を重ね合わせている点が、あの「2003年製作のアメリカ映画」と似ているせいで、余計に勘が働いたのかも。
摩耶に気づかれた時点で完全にネタばらし状態なので、そこからの展開を期待したんだけどなぁ。
唯一、アヴリルもそうだったのは意外だけれど・・・まぁどうでも。
せめて犯人が澤野だったら驚いた気がする。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。