スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年探偵/小路幸也 ★★☆☆☆

世間を騒がせる怪人二十面相の秘密を知り、身を挺して真実を伝えようとした少年と、彼に「力」を授ける謎の紳士。退廃に沈むかつての名探偵が立ち上がり、少年と出会うとき、あの「少年探偵団」の冒険が再び甦る。少年探偵団の哀しくも美しい世界をご堪能あれ!

第二弾の藤谷作品が楽しめたので、期待しすぎました。
表紙イラストから予想すべきでしたが、完璧に別物の「雰囲気乱歩」。
まさかこんなにも設定をアレンジしているなんて思ってなかったので、最初は必死で記憶とすり合わせたり深読みしたりしましたよ。
文章もストーリーもあまり子ども向けではないし、小路作品の読者ならともかく乱歩の思い出を大切にしている人は読まなくても大丈夫という印象。
怪人二十面相の正体は意外性があって好みなのですがねぇ。
読後は消化不良と脱力感でいっぱいでした。

叛徒/下村敦史 ★★★☆☆

新宿署の通訳捜査官・七崎隆一は、歌舞伎町で起きた殺人事件の第一発見者の取り調べの通訳を担当する。数日前から家に帰らない息子の部屋で、逃走中の犯人が着ていたと思われる血まみれのジャンパーを発見した七崎は、息子が犯人である可能性に戦慄し、“通訳”を武器に孤独な捜査を始めるが――。家族を巡る贖罪の警察小説は衝撃の結末を迎える。

主人公に対する不信感がずっと付きまとう、とても読み辛い作品でした。(文章も少しぎこちないような気が。)
通訳捜査官という設定をうまく生かしているとは思うのですが、やっぱり任務の逸脱には抵抗を感じてしまいます。
事件の真相はシンプルで、ミスリード的なものにもまったく引っかからず。
取り上げている社会問題も、前作ほどの目新しい内容ではありませんでした。

北半球の南十字星/沢村浩輔 ★★☆☆☆

海賊連合“南十字星”の首魁アルバート・リスターが、海軍提督バロウズ卿を誘拐した。そこで海軍諜報部のマクミラン少佐は、剣の名手であるアラン・クリフォード大尉に“南十字星”の潜入を命じる。アランの相棒は、かつての名優で大酒飲みのダニエル・ソープ。底知れなさと適当さを併せ持つソープに振り回されながらも、アランは剣の腕と運を絡みに“南十字星”への接近を試みる。だが、彼を待ち受けていたのは、大海賊が遺した幻の財宝捜しと孤島で起きる連続殺人だった!

50ページほど読んで不安になるほど文章やキャラクターの魅力が乏しく、肉付けが下手なのか不要なエピソードも多くて、そのうえ殺人事件が起こるのが遅いのです。
最初は人物紹介をせっせと確認していましたが、途中から、描き分けができないのになぜこんなに登場させるのかとイライラし通しでした。(人物紹介も簡潔すぎてあまり意味がない。)
海賊がテーマなのに爽快だと感じたのはラストシーンのみ。
ところどころ、意外な展開もあるのですがねぇ・・・うーん。

田舎の刑事の好敵手/滝田務雄 ★★☆☆☆

県警本部より首席監察官が視察に来るという知らせに大慌ての田舎刑事たち。実はこの首席監察官、黒川刑事の高校時代のライバルだったのだが、警察官としては致命的な欠点があり…。署内がパニックに陥るなか、小劇団で起きた謎の事務所荒らしは公民館での墜落死体事件に発展し、無能な部下・白石や黒川夫人、さらには暴走する元ライバルにも頭を抱えながら黒川は捜査に乗り出す!鬼刑事・黒川鈴木に暇はなし!

東川作品と同じくらいユーモアが楽しめるシリーズだったのに、今回は見事にスベリ続けていて読むのが苦痛でした。
「なんでやねん」のツッコミひとつで終わるようなくだらないボケをいちいち引き伸ばすのが、たまらなく面倒臭いのですよ。
犯人はかなり意外性があるので、本当に残念。

さよならの手口/若竹七海 ★★★★☆

探偵を休業し、ミステリ専門店でバイト中の葉村晶は、古本引取りの際に白骨死体を発見して負傷。入院した病院で同室の元女優に二十年前に家出した娘探しを依頼される。当時娘を調査した探偵は失踪していた。

<あんた、今も探偵だってこった>

一見関係のなさそうな事件がつながっていくというパターンが多い若竹作品。
今回はどの謎も魅力的でどの真相も印象に残る、とても贅沢で上質なミステリでした。
13年ぶりの復活ということで、さすがの葉村晶も加齢を強調していますが、相変わらず満身創痍で何度も病院送りになったり、珍しく心を許せる友人ができそうな展開があったりと、ストーリーはまったく落ち着いてません。
文章も面白くて、葉村の冷めた観察力や富山さんの冴えた毒舌に何度も笑ってしまいました。
今回も悪意が仕掛けられていますが、やっぱりトラブルメイカー系はムカムカしますねぇ。
タイトルにつながるオチが絶妙。
オススメの『キルトとお茶と殺人と』が読みたいなぁ。

死と砂時計/鳥飼否宇 ★★★★☆

世界各国から集められた死刑囚を収容する、ジャリーミスタン終末監獄。親殺しの罪で収監されたアラン青年は、“監獄の牢名主”と呼ばれる老人シュルツと出会う。明晰な頭脳を持つシュルツの助手となって、監獄内の事件の捜査に携わるアラン。死刑執行前夜、なぜ囚人は密室状態の独房で斬殺されたのか?どうして囚人は闇夜ではなく、人目につく満月の夜に脱獄したのか?そして、アランが罪に問われた殺人事件の真相とは…。死刑囚の青年と老人が遭遇する、摩訶不思議な事件の数々。

<死刑囚だって死は怖い>

既読の「魔王シャヴォ・ドルマヤンの密室」(「死刑囚はなぜ殺される」改題?)の世界観が魅力的だったので、手に取りましたが大正解でした。
「英雄チェン・ウェイツの失踪」
伏線の回収が見事。ラストでさらっと後味を悪くするから困る。
「監察官ジェマイヤ・カーレッドの韜晦」
この動機は短編だと物足りないなぁ。
「墓守ラクパ・ギャルポの誉れ」
真相も展開もとても好み。墓守の最期にゾワッとした。
「女囚マリア・スコフィールドの懐胎」
不可解で魅力的な謎に、変化球だけれど巧妙な真相。
「確定囚アラン・イシダの真実」
伏線がバレバレだったため真相は予想がつきますが、その後の展開が面白い。

そして、衝撃のエピローグ。余韻が半端ないです。

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん/友井羊 ★★★☆☆

店主の手作りスープが自慢のスープ屋「しずく」は、早朝にひっそり営業している。早朝出勤の途中に、ぐうぜん店を知ったOLの理恵は、すっかりしずくのスープの虜になる。理恵は最近、職場の対人関係がぎくしゃくし、ポーチの紛失事件も起こり、ストレスから体調を崩しがちに。店主でシェフの麻野は、そんな理恵の悩みを見抜き、ことの真相を解き明かしていく。心温まる連作ミステリー。

正直、第4話までは真相はすぐに解るし、ストーリーも平凡で退屈でした。
でも、それがハードルを下げさせるための伏線に思えるほど、最終話のキレ味は鋭いです。途中で投げないで良かった。

ヒトコト(真相に触れています)

以下、自分用のメモ。真相に触れています。下の方へどうぞ。




















あー油断したわー。「そっち!?」ってなったわ。
「実は麻野さんは昔やんちゃだった」とか、意外だけどありそうなネタを放り込むもんだから完全に騙された!
一番意外だったのは、本当に結婚してたってことだけどさ。
「現在」の真相はだいたい解ったけれど、ぶつかった子も伏線だったとは。】
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。