スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出版禁止/長江俊和 ★★★☆☆

社会の暗部を暴き続ける、カリスマ・ドキュメンタリー作家の「心中事件」。相手は、有名女優の妻ではなく、不倫中の女だった。そして、女だけが生き残る。本当は、誰かに殺されたのではないか?「心中」の一部始終を記録したビデオが存在する。不穏な噂があったが、女は一切の取材に応じなかった。7年が経った。ひとりのルポライターが彼女のインタビューに成功し、記事を書き上げる。月刊誌での掲載予告。タイトルは「カミュの刺客」。しかし、そのルポは封印された―。いったい、なぜ?

ラスト一行は予想外でしたし、隠された謎も検索して納得しましたが、ストーリーがそれほど面白くないといいますか、惹きつけられませんでした。
スラスラと短時間で読み終えることができたのは良かったかな。
アンソロジーでいくつか読んだことのある作家さんですが、短編の方がキレがあって好みかも。

粗忽長屋の殺人/河合莞爾 ★★☆☆☆

粗忽者で有名な熊五郎の長屋に怒鳴り込んできた、これまた粗忽者の八五郎。「熊、おめえ浅草の浅草寺で死んでるぞ。この粗忽者め、死んだのに気がつかねえで帰ってきやがったな?」―いかにも落語ならではの粗忽噺『粗忽長屋』。しかし、浅草寺で行き倒れていた「熊五郎に瓜二つの死体」の正体はいったい?(表題作)。

噺の中でミステリを展開するという趣向が面白いと期待したのですが、これは好みではありませんでした。
各話、最初に噺の内容を説明しているので本筋はもう少し端折って欲しいと思うほど、連発で繰り出されるギャグが苦痛で苦痛で。
人情味のあるストーリーの中、もう少し粋な笑いがあっても良かったのでは。

透明カメレオン/道尾秀介 ★★★☆☆

ラジオのパーソナリティの恭太郎は、冴えない容姿と“特殊”な声の持ち主。今夜も、いきつけのバー「if」で仲間たちと過ごすだけの毎日を、楽しくて面白おかしい話につくり変えてリスナーに届ける。恭太郎が「if」で不審な音を耳にしたある雨の日、びしょ濡れの美女が店に迷い込んできた。ひょんなことから彼女の企てた殺害計画に参加することになる彼らだが―。

伏線の張り方が雑なのか、最後まですべて予想通りの真相でした。驚きも切なさもヒロインの魅力もゼロ。
でも、とても評判が良いみたいなので、もう私には合わなくなったんだなぁと、今回で完全に諦めることができました。

呪い殺しの村/小島正樹 ★★☆☆☆

東北の寒村・不亡村に、古くから伝わる「三つの奇跡」。調査に訪れた探偵の海老原浩一は、術を操る糸瀬家に翻弄される。一方、「奇跡」と同時刻に、東京で不可解な連続殺人が発生。警視庁捜査一課の鴻上心が捜査にあたる。被害者には不亡村との繋がりがあった。2人は怨念渦巻く村の歴史と謎の解明に挑むのだが……。

うーん。今回も謎が詰め込まれていますが、それほど練られているとは思えないプロット。
次々と真相が読めてしまい、ラストも動機はともかく犯人は予想通りでした。
そして、やっぱり海老原のキャラが無理。
雫美視点の海老原はマシですが、鴻上と合流すると途端に安っぽくなるのですよ。
鴻上がだんだん海老原の魅力に気づき始めても、まったく共感できないし、まったく沁みないのです。風も吹かん。

みんなの少年探偵団/万城目学・他 ★★★☆☆

怪人二十面相に5人の人気作家が挑む!懐かしくて新しい、傑作ぞろいのオマージュ・アンソロジー!江戸川乱歩生誕120年記念プロジェクト第一弾。

<なあにが『ああ、なんということでしょう。』だ>

久しぶりの万城目作品でしたが、スリリングな展開と伏線の回収でとても楽しめました。
向井湘吾さんと藤谷治さんの作品は、ちゃんと子どもに伝えたいメッセージが込められていて好印象。
お気に入りは、変わった趣向の藤谷作品。笑いました。

the SIX/井上夢人 ★★☆☆☆

ひとりの少女との出会いから、全ては始まった―。誰にも心を開かず、部屋で絵ばかり描いている女の子。絵の中の魚が白いのは「おぼれて、死んだの。あした」だから。明日の出来事が見える。他人の心の声が聞こえる。虫を呼び寄せる…。不思議な能力が彼らと周囲を切り裂く。小さく弱い、選ばれし者たち。でも、一つになればきっと強くなる。

いい話ばかりで安心して読めますが、印象が薄いです。
(チーム名はある意味印象に残りましたが。)
せめて、最終話では盛り上がってくれるかと期待したのですがねぇ。
文学に寄ってしまった道尾作品のように「この内容ならこの作家でなくていい」という読後感。

火星に住むつもりかい?/伊坂幸太郎 ★★★★☆

住人が相互に監視し、密告する。危険人物とされた人間はギロチンにかけられる―身に覚えがなくとも。交代制の「安全地区」と、そこに配置される「平和警察」。今年安全地区に選ばれた仙台でも、危険人物とされた人間が、ついに刑に処された。こんな暴挙が許されるのか?そのとき!全身黒ずくめで、謎の武器を操る「正義の味方」が、平和警察の前に立ちはだかる!

<チクりブーム来たね、これは>

伊坂作品にしては久しぶりにワクワクしながらの読書でした。
さすがに前半はとても読み辛い内容でなかなかページが進みませんでしたが、理不尽を強いる平和警察の設定よりも、ギロチン公開処刑に興奮する見物客の方が異世界の光景に感じられて、どんどん冷静になっていきました。
第三部からは「正義の味方」の独壇場となるのですが、これも独特のルールによってモヤッとした気持ち悪さがあるのが伊坂さんらしいなぁと。
そして、武器が斬新でテンションが上がりました。
これは映像化したら格好イイだろうなぁ。回収する姿はちょっとアレだけど。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。