スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人魚と金魚鉢/市井豊 ★★☆☆☆

音楽学科の学生選抜コンサートの会場となるはずだった、大ホールのステージを泡だらけにした犯人は誰か?そしてその理由とは?爽やかな余韻が残る表題作ほか、聴き屋だからこそ真相に気づけなかったエピソードを描く「恋の仮病」、美少年タレントの謎の行動の理由を探る「世迷い子と」など全五編を収録。

うーん、続編が待ち遠しかったけれど、前作の方がキャラクターが生き生きしていて会話も面白かったような気がします。
第一話なんて、なかなか読み進められませんでした。
ミステリとしても印象が薄くて、『世迷い子と』は好みの真相なのに、強引さが上回っていて違和感が残りました。
期待しすぎちゃったかな。

神様の裏の顔/藤崎翔 ★★★☆☆

神様のような清廉潔白な教師、坪井誠造が逝去した。その通夜は悲しみに包まれ、誰もが涙した―と思いきや、年齢も職業も多様な参列者たちが彼を思い返すうち、とんでもない犯罪者であった疑惑が持ち上がり…。聖職者か、それとも稀代の犯罪者か―。

<腹ん中じゃ何考えてるか分からないだろ?>

新人さんにしてはとても読みやすかったです。
本当にすらすらと読めます。
予想していたものよりさらに複雑な真相に驚きましたが、ネタばらしが長い割に新情報が少なかったので、ラスト2、3ページでどんでん返した方がインパクトがあったような。

虹の歯ブラシ/早坂吝 ★★★★☆

上木らいちは様々な客と援交している高校生で、名探偵でもある。殺人現場に残された12枚の遺体のカラーコピー、密室内で腕を切断され殺された教祖、隣人のストーカーによる盲点をつく手口――数々の難事件を自由奔放に解決するらいち。その驚くべき秘密が明かされる時、本格ミステリはまた新たな扉を開く!

<みんな平等、五万円>

面白い!
前作ほどの衝撃はない、との感想が多いですが、私はこれを読んで「あ。本物かも」と感じました。
ブッ飛んでいる終盤の2作品も含め、全体的なクオリティの高さと挑戦的な趣向にとても満足しました。
ド直球のエロシーンだらけなのにまったく気にならないどころか、「藍は世界中のジーンズを染めている色」のラストは粋に感じてしまったほど。
前作よりもらいちがめちゃめちゃ魅力的になっていて、好感度が上がりました。
次も絶対読まないと。

黒龍荘の惨劇/岡田秀文 ★★★☆☆

山縣有朋の黒龍荘に、山縣の影の金庫番・漆原安之丞に対して恨みを晴らす、という脅迫文が届き、数日後、漆原は謎の死をとげた。調査依頼を受けた「月輪萬相談所」の探偵・月輪は、かつて伊藤博文邸でともに書生として過ごした杉山を連れて黒龍荘に住み込むことに。広大なお邸には四人の妾を含む住人七人と使用人たちが暮らしていたが、警察と月輪たちの監視をあざ笑うかのごとく、彼らは次々と遺体となって発見されていく。

<へ理屈のこね方だけは天才的だな>

最初の数十ページは少し不安でしたが、事件が起こってからは一気読みでした。
この真相は確かに意外で「ほぉ~」となった・・・のですが、伏線が少なすぎて、再読の楽しみがほとんどないのは残念。
あと「彼女」のミスがなければ、探偵は真相を見破れなかったのでは?と疑問が残ったり。

死呪の島/雪富千晶紀 ★★★☆☆

伊豆諸島の東端の須栄島。高校生の打保椰々子は島民たちからなぜか“呪われた美少女”として避けられていた。彼女はある日、「災いが来る」という不穏な預言を聞く。それを皮切りに島では謎の怪異が続発することに。客船の沈没、頭部の欠けた死体、老婦夫刺殺事件、人喰い鮫、海から這い出してくる大量の死者…。次々と死人が出る事態に恐れ慄く島民たち。そんななか、椰々子に好意を寄せる同級生の杜弥は、被害者すべてが彼女の関係者だと気づき…。

<呪いは呪いと共鳴する>

内容から重い読み口かと思ったら、ラノベのような生き生きとしたキャラクターにホッとしました。
どんどんスケールの大きくなる本筋よりも、海で行方不明になった若妻やヨットで島に立ち寄ったセレブな外国人など、「呪い」のエピソードがとても面白かったです。
伏線が解りやすいからか「犯人」はすぐに予想がつくので、まさかのミスリードにイライラさせられたのと、終盤の大パニックな展開がお約束すぎて、少し盛り下がってしまったかも。
でも描写はとても迫力がありました。

冷たい太陽/鯨統一郎 ★★☆☆☆

「娘を誘拐した。返してほしければ……」とんでもない条件に奔走する関係者たち。
次々に仕掛けられるハードル。警察も翻弄されるなか、ある人物の一言が事件を急展開させるのだが……。張り巡らされた伏線と仕掛けこそ、鯨マジックの真骨頂!


初の作家さん。
『このミス』を読んでとても期待したのですが、あーこのネタかー、という感想。
どんでん返しがあるという情報を知らなければ満足できたのかしら。
もっと二転三転のあるミステリだと思い込んでいたのですよね。
登場人物の多さにイラッとしたけれど、余白が多くてあっという間に読めたので、まぁいいか。

絶望的―寄生クラブ/鳥飼否宇 ★☆☆☆☆

綾鹿科学大学大学院准教授・増田米尊は異変に気づきつつあった。何人もの女性から言い寄られるなどなかったことだ。発表用の論文が書いた記憶のない小説に入れ替わっていたり、何者かに監視されているようだったりと、とにかくこれまでと違うのだ。増田はもちまえの学者魂から真相を探るのだが…

うーん。最初は真面目に読むつもりだったのですが、かなり早い段階でザッと読みに変更しました。
米尊のフィールドワークには一定の理解を示していた(?)私も、今回は生々しさが半端なくてダメでしたー。
各短編はそれぞれ魅力的な謎があったりもするのですが、無理やり長編に仕立てたからか、全体的に歪で、あまりの気持ち悪さに真相なんてどうでもよくなりました。
このシリーズはもういいや。

GIVER/日野草 ★★★☆☆

家に女が訪ねてきた。俺は混乱する――彼女は今、浴室で俺に解体されたのではなかったか? 負い目を抱えた者達に、思いもよらない方法で迫る正体不明の復讐代行業者。新感覚リベンジ・エンタテイメント!

今となっては特に斬新な設定ではないのですが、文章がとても安定していて読みやすく、スタイリッシュな展開に惹きこまれました。
1章ごとに物語が遡っていく構成なので、最後はなにか捻りがあるのかと思ったのですが、特に意外性のない結末に物足りなさが残りました。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。