スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪盗グリフィン、絶体絶命/法月綸太郎 ★★★☆☆


<あるべきものを、あるべき場所に>

タイトル通り、怪盗グリフィンにピンチが続出!
ハラハラと同時に、「え・・もしかしてそんなに有能ではないの?」という疑念も沸いていたのですが(笑)、最後は名誉挽回、格好よく締めてくれました。
怪盗に人間臭さやリアリティを与えることに成功していますね。
ミステリーランドのヒーローものは、比較的安心して読めるものが多いので、このスリル感はとても新鮮!

軽く読める中にも、ほど良く歴史背景や政権事情が組み込まれ、物語の骨組みがしっかりしています。
中心となるストーリーとは別に、贋作画家のエピソードなども楽しめました。

相変わらず、細かく張り巡らされた伏線に唸らされ、どんでん返しには素直に驚きました。
何と言ってもこのキャラのおかげで、従来の法月作品では考えられない読後感の良さ。
痛快冒険小説として最高の出来でした。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。