スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情けは人の死を招く/射逆裕二 ★★☆☆☆

亡くなった両親の遺産に頼り無職で暮らしているボク・斉藤和樹の前に、10年前ヤクザにからまれているところを助けた女性が現れる。
晴れて恋人同士となった2人は、ボクが部屋を所有する湯河原のリゾートマンションを訪れることに。
そこで起こった大学教授撲殺事件。
マンションの住人である狐久保探偵が頭脳をフル回転しているところに、続いて第2の悲劇が!


懲りずに続編を読んでしまった私がバカでした。

だから、どうして「ボク」なのか。
他にも「キミ」やら「ノレン」やら「ハデ」やら。
会話文だけでなく、地の文でもカタカナ表記を多用しているので、すごく安っぽいし読みにくい。
特に笑えるギャグも無いことから、軽妙な文章も単に書き慣れてないだけとしか思えなくなってきました。

前作でも気になりましたが、ミスディレクションの処理が不自然すぎる。
なのに、そればかりに力を入れすぎて、真相につながる伏線がほとんど無いのです。
「きっと真面目に推理するだけ無駄だろう」という心積もりでしたが、それでも謎の解明部分ではイライラしました。
ただ1点、女装の怪人と自称・オペラ歌手の設定は相変わらず必然性はないけれど、少しは馴染んできたかな。

今回も次作の予告がありましたが、もういいです。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。