スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺意は必ず三度ある/東川篤哉 ★★★☆☆

のんきを絵に描いたような鯉ヶ窪学園。敗退を続ける野球部グラウンドからベースが盗まれてしまう。オレ(赤坂通)が唯一の下級生として在籍する探偵部員の総力を結集しても謎は解けない。後日、野球部とライバル校との練習試合終盤に事件は起きた。白昼堂々、球場で発見された野球部監督の死体に騒然となる両校関係者と捜査陣。動機は不明、球場ではアリバイ実験も行われるなど混迷をきわめる事件に、オレたち探偵部3人が事件に首を突っ込んだ。しょうもない推理合戦の先に待つものは・・・?

<キャプテーン!三拍子では走れませーん>

鯉ヶ窪学園シリーズ第2弾。
う~ん、いつもより笑えるギャグが少なかったかな?
あの(馬鹿)トリオのおっさんぽくてウダウダしている雰囲気は大好きなのですが。

名探偵役は意外でびっくり。
しかし、最初から仕掛けられたサプライズには残念ながら『へ~』でした。
特に重要視するポイントでもなかったしなぁ~失敗かな~と不満たっぷりだったのですが・・・。
メインのトリックに驚いた!これはかなり好きです!
図解を見て感動してしまいました。すごい!
良くできたトリックなので、本当は星4つにしたいところだけれど・・・。
私が野球に全く興味がないことと、2、3番目の殺人があまりに地味すぎたため1つ減点です。

しかし、東川さん。
新作が出るにつれ、どんどんアイディアが斬新になってますよ。
これから、すごい傑作を生み出してくれそうな予感がします。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。