スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱鴉の島/有栖川有栖 ★★★☆☆


休養目的で小旅行に出かけた火村と有栖川は、巧妙なトリック(?)により烏島に滞在することとなる。
その島の屋敷には一流の文学者・海老原瞬を中心に、彼の崇拝者たちが集合していた。
彼らの強固な秘密主義、招かれざる客の出現、そしてとうとう殺人が・・・。
幾多の鴉が乱れ飛ぶ島で、火村の推理が冴え渡る。


う~ん・・・これは苦痛でした・・・。
有栖川さんはよく作中に他の著者の作品を引用しますが、今回は少々うんざり。
長編だからか、ポーの作品に対する講釈が長すぎるのです。
できれば他の作品の力を借りず、独自の雰囲気をつくりだして欲しいのですが・・・。
設定からしても、ヒルズ族のような人物が登場する反面、「崇拝」というレトロな関係が存在したり、最後までちくはぐな印象が拭えませんでした。
共感できる登場人物が全くいないのもキツイ。

中心となるテーマといい、とても奥深い内容なのですよね。
しかし、そこまでの興味と読解力を持ち合わせていない私としては辛かったです。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。