スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑酔亭梅寿謎解噺/田中啓文 ★★★★☆


両親を事故で亡くし、高校も中退、何度も警察にやっかいになっている鶏冠頭の竜二。
ある日、元担任教師・古屋に無理やり落語界の大御所である笑酔亭梅寿の元に連れてこられ、弟子入りをすることに。
上方落語の世界を舞台に描く、青春落語ミステリ!


面白い!の一言。

チンピラ風情の若者が落語の世界に進む、という設定だけならここまで魅力を感じなかったでしょう。
この笑酔亭梅寿のキャラが素晴らしいのです!
まず、竜二の紹介者になってくれた古屋(梅寿の元弟子)に目覚まし時計や花瓶をぶつけるわ、気絶すれば耳に酒を注ぎこむわ・・・。
この飛ばし具合で掴みはOK!
弟子となった竜二も殴られ蹴られ・・・散々な目に。

そんな乱暴者で大酒飲みの梅寿ですが、実はかつて関西落語協会の会長を務めたほどの名人。
彼の芸は客席はもちろん、落語に興味のない竜二をも魅了するのです。

脇を固める登場人物も魅力的です。
梅寿の妻の千都子、息子の竹上刑事、兄弟子の梅春、嫌がらせを繰り返す梅雨、お笑いを目指すチカコ。
あちらこちらに「人情」が溢れていて安らげる。
それは落語の根本も同じ。

ミステリとしてはともかく、竜二の成長小説としては絶品。
竜二が落語に魅了されていく様子や、仲間の支え、そして、破天荒な梅寿がふと見せる情がなんとも心に染みるのです。
あと、現在の若手ブーム(M-1など)の流れも取り入れているのに驚きました。
古典落語ではなく新しい笑いを目指そうとする竜二が、挫折や苦悩の果てに気付く「古典の奥深さ」。
原点に返ろうとする竜二を迎える梅寿の背中にじ~んとしました。

大阪弁が完璧でコテコテなのが嬉しい。
活字でこれほど絶妙なニュアンスが出るものなんだ・・・。感心。

この著者はホラーやSFや駄洒落満載の作品で有名だそうですが、落語とジャズに関しては大真面目になるそうです。
なるほどなぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。