スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青に捧げる悪夢/恩田陸・他 ★★★☆☆


「水晶の夜、翡翠の朝」恩田陸
これは「麦の海に沈む果実」のシリーズですね。その設定をド忘れしてしまってたのですが、読んでいるうちに思い出しました。短編ということもあり、ミステリとしては(「麦の~」を未読の方は特に)キャラクター頼りの感が否めないでしょう。でも、やはり学園の設定等が魅力的だと感じました。校長も。相変わらずのご様子で。
「三度のサマータイム」若竹七海
「クール・キャンデー」が未読だったので買ってしまったほど、好みのストーリーでした。
若竹さんの書く男の子はちょっと不器用で、でも優しくて、渚のドキドキが伝わってくるのですよね。
真相がちょっと苦く切なくって、だからこそラストは救われた!
「葉山晶」シリーズも好きですが、「渚」シリーズも、続編出て欲しいなぁ~。
「水仙の季節」近藤史恵
う~ん、綺麗なんだけどモノ足りない感じがしますね。
近藤さんは「凍える島」しか読んだことがなく、あの雰囲気はすごく好きだったのですが。今回はトリックが解り易かったからかな?
「攫われて」小林泰三
この本の中で一番びっくりした作品です。
ポーっと読んでいたので、ラストの驚きが半端じゃなかった。
「玩具修理者」と雰囲気が似ているのですが、こちらの方が驚いたなぁ。
残虐なシーンもありますが、あまり気持ち悪いとも思わず、乙一さんの「暗黒童話」のラスト付近を思い出しました。
「階段」乙一
もう。妹が可哀そうで。これまた階段の描写が恐ろしくて。
乙一にしてはラストのどんでん返しが無かったので、そこはちょっと期待ハズレでしたが、十分に怖かったです。
「ふたり遊び」篠田真由美
とても幻想的でした。真相は最後までつかめませんでしたが(笑)。
「魔女の凄む家」も綺麗な話だったし、もう少しこの人の本を読んでみようかな。
「還って来た少女」新津きよみ
この人の他の作品は読んだことがないのですが、「読み易そう」というのが感想です。物語にこれといった起伏もなく、サラッと読み終えました。
「闇の羽音」岡本賢一
これは苦手です。不条理と無駄な気持ち悪さとラストほったらかしの三重の不快感。もう少し上手く終われなかったのかなぁ。
「ラベンダー・サマー」瀬川ことび
とても評価が高いようなのですが、私は「爽やかなブラック・ユーモア・ホラー」が肌に合わず、引きまくりでした。
主人公以外の仲間の台詞が、サラッと流せずいちいちカンに触ったりして。
「このバチあたりが!」と思ったり。
それでも「彼女」にとっては楽しい思い出になったのかな。だったらいいか。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。