スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解体諸因/西澤保彦 ★★★☆☆

タック&タカチシリーズを、現時点での完結作とも言える『依存』から読むという失態をやらかした私。
その『依存』の記憶も薄れかけた頃だし、今度こそ順番通りに読むつもりで大量に借りてきました。
しばらくは西澤祭りということで。

『解体諸因』は、西澤さんのデビュー作だそうです。
とても苦手なテーマなのですが、エロもグロも全く無しの爽やかな仕上がりでした。

バラバラ事件といっても、被害者(?)は人間からぬいぐるみ、ポスターと様々。
立ちはだかる謎に、タックやボアン先輩、中越警部の推理が冴え渡るのです。
よく考えれば動機もロジックも穴だらけなのですが、発想が特殊でとても楽しい。
台詞で幕を閉じるのもいかにもパズラー風で格好イイです。

唯一、台本形式で進む作品はとても読みにくく忍耐が必要でした。
最終章では、各章での結論が覆され、新たな解釈が出てきたり・・・。
この真相が一番好きです。

あとがきで、ある評論家に『こんな理由で死体を切断する奴がどこにおるかぁっ』と激怒されたとあり、笑いが止まりませんでした。
まさに!まさにその通り!
でも、それを言っちゃあ・・・。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。