スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麦酒の家の冒険/西澤保彦 ★★★☆☆


タックたちが迷い込んだ無人の山荘。
家具も内装もないからっぽの室内にあったのは、一台のベッドと、なぜかクローゼットに隠された冷蔵庫の中にある、冷えたビールのロング缶96本とジョッキ13個だけ。
誰が何の目的で?
タックと仲間たちはビールを飲み続け、推理に推理を重ねる。
果たして真実に辿り着けるか?


いやぁ。前作はまだまだ甘かった。
すごいですよ。
今回、4人が一晩で空けたビールの数、49本。しかもロング缶。
我慢できず、私も(こちらはスーパード○イですが)くぴくぴ飲みつつの読書でした。

タイトルから推測できる通り、殺人事件は起こりません。
なぜベッドと冷蔵庫しかないのか?
なぜ1階と2階に別々に置いてあるのか?
なぜ冷蔵庫には大量のビールとジョッキが入っているのか?
この謎に、4人が延々と悩み続けるのです。
もし私がこのメンバーの一員なら、飲むだけ飲んで「ど~でもえ~やん」って寝ちゃうな。きっと。

謎の奇怪さと魅力のせいか、『聯愁殺』より楽しめました。
家をビールで埋め尽くすのでは?という仮説には思わずのけぞったり。
でも、全体的に淡々としたリズムなので、やっぱり殺人事件を入れた方が引きがあって好みかも。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。