スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過ぎ行く風はみどり色/倉知淳 ★★★★☆


一代で財を築いた元・不動産業者の方城兵馬が自宅の離れで殺害される。
その犯人を探ろうと、兵馬が頻繁に自宅に招いていた霊媒師が降霊会を行うことに。
しかし、そこで新たな殺人が!
兵馬と長年反目していた孫の成一は、大学時代の先輩・猫丸に相談するが・・・。


再読です。
倉知作品の中でも名作と評判の本書。
ストーリーはともかく、あるトリックがずーっと忘れられませんでした。
今では決して目新しくなくなりましたが、当時はド肝を抜かれたものです。
再読必要のトリックなので、今回は違った意味で楽しめました。
(しかし、図解まである2つのトリックは脱力モノです。)

長編といっても、猫丸先輩の登場は少ないのですよね。
中盤まで恐竜の化石を発掘に行ってるし。
でも真相解明シーンでは、彼の優しさに初めて(!)好感を持ちました。

しかし、何と言っても長いんですよね~。
超能力や霊能力の薀蓄が盛りだくさんで退屈しました。
確か『壺中の天国』でも薀蓄にはウンザリしたような・・・。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。