スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芥子の花 金春屋ゴメス/西條奈加 ★★★★☆

上質の阿片が海外に出回り、その産地として、日本をはじめ諸外国から槍玉に挙げられた江戸国。老中から探索を命じられたのはご存知『金春屋ゴメス』こと長崎奉行馬込播磨守。ゴメスは、異人たちの住む麻衣椰村に目をつけるが・・・。辰次郎、NY出身の時代劇オタク・松吉、海外旅行マニア・奈美といった面々はもちろん、女剣士朱緒をはじめ新メンバーも登場。ますますパワーアップした異色時代小説。

<知らざぁ言って聞かせやしょう。華のお江戸の名(怪)物奉行『金春屋ゴメス』たぁおれのことだ!>

続編がこんなに早く出るなんて!
期待通りの面白さで一気読みでした!

裏金春の人々はやっぱり個性的で魅力たっぷりで笑ってしまいます。
個人的にお気に入りの甚三の出番が少なかったのが不満だったりして。
もちろんゴメスのパワーも健在。
そして、前作で裏金春を出て行った十助の代わりにゴメスの世話役となった美女・朱緒。
注目すべきは辰次郎の恋・・・!

阿片の情報を得るため、身分を隠して流人島に潜入するという、お約束のドタバタもあり。
ゴメスの武家試験時のエピソードや、鯉を魚質(?)にしての大番頭とのかけひき、ゴメスと辰次郎の意外な接点など、見所も盛りだくさん。
前作のゾクゾクするような感覚がないのは仕方ないとして、とても楽しめました。
このシリーズ、どんどん続けて下さい!
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。