スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レヴォリューションNO.3/金城一紀 ★★★★☆

<ギョーザ大好き!>

全てのキャラクターが際立ってます。
2回目の学園祭潜入作戦、くだらないけど想像したら可笑しくって・・・っ!
そして、ヒロシのために僕が屋上でしてあげたこと。
雨かと思って月を仰ぎ見、その月が滲んで見えることで自分が泣いていることに気づくシーンが切ないです。

「ラン、ボーイズ、ラン」
ヒロシの墓参りのため、沖縄行きの旅費を貯めていた『ザ・ゾンビーズ』。
その旅費全額を預けた山下がカツアゲされ、僕達は新しいバイト先を探したり、犯人を突き止めたりと奔走する。


これはタイトルからして「ラン・ローラ・ラン」をイメージして読んだのですが、そんなに走らなかったですね。
『~王』という響きに皆が恍惚とするのに笑いました。
そしてクラブでの襲撃。
彼らの考えること、することがいちいち気持ちイイ。スカッとします。
夢に出てきたヒロシへ、ぼくの想いを伝えるシーンでまた涙。
これでヒロシとの別れをやっと受け入れることができたんですね。

「異教徒たちの踊り」
僕は友人に女子大生を紹介される。
どうやら、ストーカーに付きまとわれて悩んでいるらしい。
僕はボディーガードを頼まれるのだが・・・。


事件自体はあまりピンとこなかったのですが、舜臣が格好良かったです。
彼の「差別」に対する意見は、なかなか痛いところを突いてきます。
身近な差別に慣れてしまってないか、と改めて考えさせられました。
彼は体を鍛えることによって、心も強くなったのでしょうか。
あと山下君が最高です。不運専用のフェロモンですかね。健気すぎます。
仲間からの扱われ方も絶妙!蚊よけの人柱って・・・。

僕の「愛してるぞ」の言葉には本当に愛が感じられます。
『ザ・ゾンビーズ』のみんなは何があっても踊り続けて欲しい。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。