スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顔のない敵/石持浅海 ★★★★☆


対人地雷をテーマに描かれた6つの短編&デビュー作。

対人地雷にも1997年の全面禁止条約にも全く無知な私ですが、意外に楽しめました。
石持作品では動機や登場人物に共感できないことが多々あるので身構えていたのですが。
これは事件そのものが面白く、議論も簡潔で興味深いものばかりでした。
ミステリに絡めながらも、地雷の危険性や救援活動が抱える問題など、うるさくない程度に提起しているので読みやすかったです。

どれも初期の作品だということで、レベルの高さにびっくりなのですが、現在の作品で感じるモヤモヤ感もギュッと凝縮されています。
罪を犯した人物を見逃したり、素晴らしい頭脳を褒め称えたり・・・。
ほんと短編で良かった。

事件発生年がバラバラなので、1話目で殺害された人物が後で登場したりします。
時系列どおりに読むと結構キツイものがありますね。
地味ながらも『トラバサミ』が一番好きです。
1つのトラバサミで日本に(警察に対して)地雷原を再現できるという解釈が見事でした。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。