スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハードボイルド・エッグ/荻原浩 ★★★★☆

「私」はフィリップ・マーロウに憧れ、日々ハードボイルドな生き方を目指している探偵。
実際は猫やイグアナ探しなど、主に動物専門の便利屋なのだが。
このたび、(下心たっぷりで)秘書を雇うことを決め、履歴書にダイナマイト・ボディの写真を添付してきた美女を採用することにした。しかし、やってきたのは・・・?


<ねぇ、便利屋さん> <探偵です>

初めての作家さんです。

ハードボイルド風ということで、霞流一さんと比べてしまうのですが、こちらは腹を抱えて笑うというよりも、常に「フフッ」と笑みがこぼれるような作品でした。
秘書・綾との掛け合いがとても楽しいです。
言い回しがユニークなのですよね。

事件はそれほど目新しいものではなく、少し中だるみを感じました。
ページが多すぎるかな。
しかし、ラストではしっかり泣かされました。
最初から予想していた真相なのですが、そこに「現実の自分との折り合いがつかない」主人公という設定が活かされているのがお見事でした。

最初と最後の数ページのイラストでまた涙。
文庫でもこのイラストは残しておいて欲しいなぁ。どうなってるんだろう。

終盤、「私」が小学生の男の子にかける言葉が良かったです。

<死ぬなよ。死ぬのは怖いぞ。一度、死にかけると、絶対死にたくなくなるぞ>
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。