スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨川ホルモー/万城目学 ★★★★★


葵祭の帰り道、ビラ配りの男女から怪しげなサークルに勧誘された京大生の安倍と高村。後日、安倍はそのコンパで美しい「鼻」を持つ美女に一目惚れ。その後も安倍と高村はバーベキューやドライブなどのイベントに参加するのだが、祇園祭の宵山で、このサークルの正体が明らかになり・・・。前代未聞の娯楽大作、碁盤の目をした夢芝居。「鴨川ホルモー」ここにあり!!

<いえいえ、ホルモンではなくホルモー。>

こういうノリは大好きです!
見たいテレビ番組が始まるまでと思って読み出したら止まらなくなって、ついにはテレビの電源を切ってそのまま没頭することに。
面白かった~。

簡単に説明すると、「ホルモー」とは4大学の「あるモノ」を使った戦いをいいます。
その「あるモノ」が問題なのですが、京都が舞台なので、なんだかありえそ~な雰囲気なんですよね。
一概に荒唐無稽とも思えない。
でもすんごくバカバカしい(笑)。
そういう戦いなのです。
*この「あるモノ」が鳴家的可愛さでツボ直撃だったりする。
 星1つ追加ポイントはレーズン。

地の文も相当コミカルで笑えますが、「吉田代替りの儀」で行われる舞は圧巻。
メロディーと振り付けが、想像したくないのに浮かんでくるのです・・・。
凄いチョイス!

大半がホルモーの説明になっていますが、恋愛や友情モノとしてもなかなか楽しめます。
高村も実に個性的で良い味を出していますし、スガ氏の飄々とした雰囲気も好きです。
個人的には、安倍が芦屋を敵視する理由が、単なる「僻み」にしか思えなかったのですが、他サイトで2人の名前の由来が検証されているのを見て納得しました。因縁ですね。
最初からそれに気付いていたら、大げさに見える安倍の行動も気にならなかったかも。残念。

これがデビュー作だなんて信じられない。
文庫化されたら絶対買います。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。