スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アリス・ミラー城』殺人事件/北山猛邦 ★★★☆☆

ルイス・キャロルの作品にちなんだ不可解な城に探偵たちが集められた。
ある者は密室状況下、巨大な鏡の上で顔を溶かされた死体となり、ある者は合わせ鏡の部屋で殺され、犯人は目撃者の眼前で消失する。
館内のチェス盤からは殺人の度に駒が1つずつなくなって・・・。
不可能犯罪に込められた驚くべき思念とは!(裏表紙より)



<君は最後から三番目辺りのもっとも目立たない殺され方をするといいね>

「著者のことば」が、麻耶さんっぽくて少しワクワク。
こんなド直球のミステリを読んだのっていつ以来だろう?
気合いを入れてじっくり取り組んでみました。

文章はとても読みやすく、芸術論も頭にすんなりと入ってきます。
キャラの描き分けもバッチリで、混乱の心配もありませんでした。
この作家さんとは相性が良いかも。
これより前の作品があまり良い評価を得てないので、そちらを読むことはないだろうけど。

次々と殺されていく探偵たち。
自分が犯人ではないということは、残りの誰かが・・・!

複数の視点で話が進むので、こちらも犯人の見当がつきません。
疑心暗鬼に陥り、パニックになる人物もいれば、冷静に推理を続ける人物もいます。
作中に、物理トリックの脆弱性やらリアリティの有無やらを議論するシーンがあるのですが、どうして著者自らハードルを高くするのか不思議。
まぁ、小粒でも私好みのトリックでしたが、すっごく期待しちゃいました。

破滅型のストーリーなのですが、ラストの仕掛けで後味の悪さが軽減されるようになっています。
私は最初に違和感があったのに、その後いつの間にか騙されて、最後に「やっぱりかい!」と、完全に翻弄されてしまいました。
この仕掛けは前例があるので別として、そのミスリードがお見事。
再読すると、明らかに2箇所「巧い!」と思うシーンがありました。完敗。
でも、怒り出す読者がいるのも納得ですね。

『そして誰もいなくなった』と『鏡の国のアリス』がモチーフなのですが、これが読後に違った効果をもたらします。
無意味な小道具や設定が気になったので評価は星3つですが、なかなか読み応えがあり、楽しめました。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。