スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿男あをによし/万城目学 ★★☆☆☆

神経衰弱と断じられ、大学の研究室を追われた28歳の「おれ」は、失意のままに教授の勧めに従って奈良の女子高に赴任する。
慣れない土地柄、生意気な女子高生、得体の知れない同僚、さらに鹿・・・・・・。
そう、鹿がとんでもないことをしてくれたおかげで「おれ」の奈良ライフは、気も狂わんばかりに波瀾に満ちた日々になってしまった!(紀伊國屋書店あらすじにて)


<さあ、神無月だ。出番だよ、先生>

う~ん・・・期待しすぎてしまった??
前作が大満足だったため、どうしても比較してしまうのですが・・・。
読み始めてすぐに、「・・・何か違う?」という違和感がありました。
『鴨川ホルモー』ではページを捲るたび、フフッと吹き出してしまう面白さがあったのに、今回がそれが非常に少ない。

スケールが大きくなった反面、非現実っぽさが大人しくなってしまったのか?
いや、充分非現実なのでしょうが・・・もう少し弾けて欲しかったというか・・・。
中盤に盛り上がりがありますが、そこに至るまでが非常に退屈でした。
短いストーリーを無理やり長くしたような印象を受けます。

あと、伏線が少ないというか、終盤になって、やっといろんな設定が説明されるというのがなぁ。
これだと何でもアリになってしまうでしょう。
最初に、ある程度ルールが決められていないと、ラストも納得できません。

でも、巷では『ホルモー』よりも評価が高いみたい。
他のブログでも、「超オススメ!」と推しているようですし、読者を選ぶってことでもないのかな。
京都→奈良ときて、次は大阪が舞台だそうなので、きっと読むだろうなぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。