スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酸素は鏡に映らない/上遠野浩平 ☆☆☆☆☆

ちょっと寂しい姉弟と、ヒーローくずれの男が巡り会い“ゴーシュ”の秘宝を探し求めて不思議な冒険をする。
これは鏡に映った姿のように、あるけれどもなくて、ないけれどもある、どうでもいいけど大切ななにかについての物語です。
あなたは、鏡をどういう風に見ていますか? (出版社による内容紹介より)


とてもメッセージ性の強い作品。
でも、この物語世界には全く引き込まれなかった。
キャラもストーリーも、何一つ魅力的に思えず、最後までパラパラとページを捲るのみでした。
こんな掴みどころのない小説は久しぶりかも。

それもそのはず、他のシリーズが未読だと楽しめないといいますか、特に終盤の展開がさっぱり理解できません。
「あ、これは著者のファンしか対象にしてないんだな」と気付いた瞬間、脱力。
この著者の作品が初めての私は大いに不満でした。
ミステリーランドなんだし、せめて綾辻さんのような配慮が欲しかったです。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。