スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人柱はミイラと出会う/石持浅海 ★★★★☆

留学生リリー・メイスは、日本で不思議な風習を目にした。建築物を造る際、安全を祈念して人間を生きたまま閉じ込めるというのだ。彼ら「人柱」は、工事が終わるまで中でじっと過ごし、終われば出てきてまた別の場所にこもる。ところが、工事が終わって中に入ってみると、そこにはミイラが横たわっていた。「人柱はミイラと出会う」「黒衣は議場から消える」「お歯黒は独身に似合わない」「厄年は怪我に注意」「鷹は大空に舞う」「ミョウガは心に効くクスリ」「参勤交代は知事の務め」(帯より)

<僕の仕事ですか。ええ、人柱です。>

うっわ~!これは楽しい!
舞台は日本なのですが、これがちょっと変わったパラレルワールド。
基礎工事が終わるまで地下に潜る人柱や、議員の側で政治活動の補助を行う黒衣。
既婚女性が習慣とするお歯黒、厄年の間は必ず休まなくてはいけない厄年休暇。
警察に協力する鷹匠、嫌な事を忘れるためのミョウガ、そして参勤交代。

こんな風習が普通に行われている世界なので、アメリカ人のリリーと同様、読者も一話ごとに驚かされます。
でも、決してふざけている訳ではなく、それが本来持つ意味を大切にしている点に好感が持てるのです。
リリーの友人・慶子の「そうか、リリーは日本に来て間もないから知らないのね。」との言葉がとてもおかしい。
このキャラクターの設定も上手いのですよね~。
確かに変わった設定だけれど、そこから導き出される真相は明確で、ミステリとしても読み応えがあります。
途中から失速しましたが。

こういう明るい作品だと、今まで気味が悪く感じていた石持的解決策もすんなり受け止められます。
そして最終話のオチが素晴らしい!なるほどね!
ぜひ、『時効警察』のノリで映像化して欲しいです。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。