スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四神金赤館銀青館不可能殺人/倉阪鬼一郎 ★★★☆☆


花輪家が所有する銀青館に招待されたミステリー作家屋形。
嵐の夜、館主の部屋で起きた密室殺人、さらに連鎖する不可能殺人。
対岸の四神家の金赤館では、女の「殺して!」という絶叫を合図に凄惨な連続殺人の幕が切って落とされる。
両家の忌まわしい因縁が呼ぶ新たなる悲劇!
鬼才が送る、驚天動地のトリック!


<袋小路と笑わば笑え。これも新本格だ!>

長編はこれが初めての倉阪作品。
ホラーのイメージが強い作家さんなので敬遠していたのですが、この作品は本格寄りのバカミスという噂を聞き、手に取ることにしました。
著者近影が爽やかです。

あまり売れ行きの良くないバカミス作家・屋形が、己の現状を嘆いたり、自虐的になったりする様子が何となくリアルで笑えます。
そして、屋形の携帯電話の待ち受け画面は、すべて「ふーちゃん」。
ニヤリとしてしまいました。

所々で意味ありげなシーンが挟まれるので、トリックをあれこれ想像してしまいましたが、事件そのものは実にストレートです。
ヒネリを期待していたので、そこは少し拍子抜けしました。
でも、作中にも記述があるように、これは伏線を楽しむ作品なのですね。
てっきりギャグのつもりで読んでいた文章が、後に伏線になってたことに気付かされたり、あからさますぎてスルーしてしまうという、新しい感覚を何度も味わいました。
細かいわ~!
そして、ラストのバカミス的真相には、大満足!
このオチは好きですね。
ただ一点、登場人物表は必要だったのかどうか・・・?
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。