スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収穫祭/西澤保彦 ★★★★☆

1982年8月17日夜。暴風雨の首尾木村北西区で村民が虐殺される大量殺人が発生。しかし悪天候のため地区は孤立、警察の到着は翌日になってからだった。生き延びたのは中学3年の少年少女3人と彼らが通う分校の教諭ひとり。被害者は3人の家族ら14名で、そのうち11人が鎌で喉を掻き切られていた。犯人は事件当日、逃走後に事故死した英会話教室の外国人講師と断定された。9年後、フリーライターが生き残った者たちへの取材を開始するや、猟奇的な殺人事件が起こる。(帯より)

<こんなに殺していいものか!?>

装丁が怖すぎる。
ジュゼッペ・アルチンボルドの装画だけでも充分不気味なのに、プラス血しぶきですよ。
読後にゾクリとくる、このタイトルも秀逸。

ストーリーは、1982年の事件の日から始まり、フリーライター・涌井の生存者への取材、そして新たな殺人事件へと発展します。
最初の事件を描いた第1部は文句なしに面白い。
次々に死体を発見する子供たちのパニックと、孤立した村の緊迫感、そこで出会う精神に異常をきたした人物への恐怖感が、見事な筆致で描かれていてゾクゾクさせられます。
残念ながら、第2部以降はトーンダウン。
少し退屈でした。

ミステリ面では、生存者の記憶が不鮮明という点に不満が残りますが、伏線は非常に巧妙です。
さりげないけれど頭の片隅に残っていた描写が、真相とバッチリ繋がっていて驚かされます。
完全に謎が解ける訳ではなく、ところどころ読者の想像に委ねられているあたりがまた巧い。

以下、気になった点。
中盤のリアリティに欠けた展開が納得できない。
西澤作品らしさと言えばそうだけど、題材を考えるとおふざけ感が否めません。
そして、第2部以降は『フェティッシュ』同様、タガが外れっぱなし。
今回は極限状態やトラウマという原因で説得力があるはずなのに、西澤作品では不要なエロ描写がパターン化してるので「またかよ~」とゲンナリしてしまうのですよね・・・。
これ、エロを削ればきっと半分の厚さになっただろうなぁ。

後味が相当悪いし、冗長にも感じますが、訳の解らない迫力と魅力のある作品でした。
以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
やっぱり長い。一気読みとはいかなかった。
でも、最初の段階でうっすら予想がついた犯人が、この長さのおかげで疑惑が薄れたから、効果はあったのかも。
『夏の夜会』でも感じたけれど、記憶に頼ったミステリはスッキリしないなぁ。
思い出せば終わり、だからなぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。