スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロモンの犬/道尾秀介 ★★★☆☆


大学生・秋内、京也、智佳、ひろ子の目の前で、教授の息子・陽介が事故死した。
散歩中、愛犬・オービーに突然リードを引っ張られ、トラックに轢かれたのだ。
オービーは一体、何を見たのか?


<その指輪さえあれば、簡単に答えが出るのにね>

何となく、伊坂チックな文体が気になる・・・。

道尾さんの「青春ミステリ」に驚きましたが、キャラクターが愉快で違和感なし。
ヒロインの言葉にいちいち悶々としたり、妄想したりする能天気な主人公が笑えます。
お気に入りは間宮先生。
終盤の役割も含め、とびっきりのキャラでした。

ミステリとしては、かなり薄味です。
ミスリードも、やけに大雑把だし、真相に導く論理も多少アンフェアに感じました。
サプライズマジシャン・道尾秀介だけあって、終盤の意外な展開には驚かされ・・・というより苦笑い。
『片眼の猿』と同じく、ここまで本筋と関係のないサプライズだと、ズッコケます。
もはや作風となりつつある「言葉遊び」の炸裂に、ニヤリとしてしまいましたが。

青春小説としてはなかなか楽しめますが、それほど爽快さが感じられないのがマイナスかな。
道尾さんは、書下ろしの方が勢いがあって好きだなぁ。
(『片眼の猿』も連載だったし・・・。)
読んでいる間は面白いのですが、後でモヤモヤが残るので、ここは星3つで!
以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
『スズメと目が合った』ことにも意味があったことに驚いたのですが、伏線あったっけ?
あと、『眼鏡と包丁』は、秋内が家のTVで木原さんを見ている時にも、間宮先生の家でオービーが吠えていた、という記述がないと少し弱いなぁ。

「犯人」は終盤で予想がつきましたが、不満なのはその伏線の張り方。
「犯人」の存在を読者が知るずっと前の描写だし、「ああ、そ~なんだ~」としか。
願わくば、あの4人の中に犯人がいて欲しかった!
伊坂が無理なら、せめて米澤風に。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。