スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜明けの街で/東野圭吾 ★★☆☆☆

渡部の働く会社に、派遣社員の仲西秋葉がやって来た。その後、2人の距離は急速に縮まり、ついに越えてはならない境界線を越えてしまう。しかし、秋葉の家庭は複雑な事情を抱えていた。両親は離婚し、母親は自殺。彼女の横浜の実家では、15年前、父の愛人が殺されるという事件まで起こっていた。殺人現場に倒れていた秋葉は真犯人の容疑をかけられながらも、沈黙を貫いてきた。犯罪者かもしれない女性と不倫の恋に堕ちた渡部の心境は揺れ動く。まもなく、事件は時効を迎えようとしていた。

<あたしがそんなに非常識な女だと思う?>

不倫を隠そうとアタフタ奮闘する主人公の心理など、苦々しくもどこか滑稽。
後半に進むにつれ、男の狡さが浮き彫りになっていく様子は、とてもリアルで読み応えがありました。
東野作品の嫌らし~い部分が、全面に出てます。

主人公が「不倫するやつなんて馬鹿だと思っていた」ではなく、「不倫にとっても興味があって、機会があればしたいと思っていた」男性に思えて仕方がないのですよね。
それぐらい、不倫への踏み出しが軽いのです。
そこは、ちょっと理解できませんでした。

ミステリ面がお粗末でがっかり。
本当に普通の不倫小説です。
終わり方が実にあっさりしていて、驚きました。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。