スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インシテミル/米澤穂信 ★★★★☆

時給11万2千円という求人広告を見て、12人の男女が集まった。
彼らは「暗鬼館」という施設で7日間の実験を受けるのだ。
そこで明かされた実験の内容とは・・・?


<短く息を吐く。
  自分はこんなにも臆病者だっただろうか?>


今まで読んだ米澤作品の中で、謎やロジックの展開が一番好みです。
日常の謎ミステリもいいけど、1つくらい殺人事件がないと気持ちが乗らないのだ~。

最初は『晩餐は「檻」のなかで』とカブっているように感じましたが、こちらの方が端正で安心して読めました。
クローズド・サークルという状況下での、鍵のない部屋(←斬新!)、先の見えない廊下などの心理的圧迫にドキドキワクワク。
残念だったのは、古典ミステリをほとんど読んでいないので、各自渡される凶器がさっぱりだったこと。
かろうじて出典が分かったのは、ネイティブアメリカンの人形と『ヴァン・ダインです』くらいかな。

雰囲気や勢いで書き進めたのでは?と疑いたくなるほど荒い設定もあるし、ラストもあまりスッキリしません。
でも、ストーリー展開の面白さは半端じゃなかった。
めちゃお気に入りです。
以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
結城がどんどん探偵化していくのが不自然で不自然で。
こんなキャラだったの?って。
てっきり、探偵役は安東だと思っていたんだけどなぁ。
そんな安東も、まさかあんな屈折したキャラだったとはねぇ・・・。

岩井を助け出すために、みんなが多数決で「岩井が殺人者」という解決法を取ろうとしているのに、ただ1人推理に拘ってしまう結城は、すでに「空気の読めなさ」を発揮していたのですね。
小市民シリーズの「探偵ゆえの苦悩」が、ここでも用いられているのが面白い。

西野の事件では、彼の凶器だけ見当たらないことから、「西野の凶器が拳銃」で(なんらかの方法で)自殺したのでは?と予想してました。
まさか「ガード」による殺害だとは思いつかなかった・・・。
「夜のルール」や、棺桶の数とか・・・完全に盲点を衝かれました。

須和名さんの一本指は、「1人」の意味だと思ってました。
あのメンバーの中に、邪魔な人物が1人いて、その殺害が目的だったとか。全然違った。
このラストだと、次は須和名さんが主催する側になるってことだよなぁ。
「暗鬼館」の主人の目的は「資料収集」だし、「私と友人たちの生涯の研究は、人の行動の結晶を取り出すことにあります。」と語っていたから、須和名さんはその「友人」の1人で、今回収集された資料を基に、次のイベントを開催するってことかな・・・。
では、あの指の意味はやっぱり「1人」で、彼女のイベントの参加者が「1人」足りなくて探してたってこと?
で、結局、結城が選ばれたってこと?
それとも「ロボット」のような小道具が欲しかった?
何よりも、このイベントで彼女が殺される危険はなかったのか・・・?
・・・よくわからん。

そういえば、「メンバー同士が顔見知り」という設定の必要はあったのかな?
ナイフを持って出て行った彼女といい、やっぱりモヤモヤが残ります。
これは、ぜひ続編を!
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。