スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐるぐる猿と歌う鳥/加納朋子 ★★★☆☆

森は父親の転勤で東京から北九州へ転校することになった。わんぱくで怪我は絶えないし、物は壊すし、友だちは泣かせるしで、いじめっ子の乱暴者というレッテルをはられていた森の転校を聞いても、先生どころかクラスメイトのほとんど誰も残念がってはくれなかった。そんな森だったが、引越し先の社宅の子どもたちは不思議に気があい、彼らは森をまるごと受け入れてくれた。しかし森は次第に感じていた。この社宅には何か秘密がある。もしくは謎が…。

<まるで大型台風みたいな嫌われっぷりだ>

加納作品は『ななつのこ』『ガラスの麒麟』『螺旋階段のアリス』を読んだことがあります。
が、北村薫作品(まだ覆面作家だった頃?)と、内容が混乱気味。
雰囲気が似てるように感じるのですよね。

さて感想。
森の父親の性格からして、これは結構シビアなストーリーになるのでは?という予感がありましたが、想像以上でした。
『子どもの王様』と同じくらいの生々しさかも。

全体的にストーリーが散漫としている印象がありますが、子供たちの復讐は面白かったし、ラストのサプライズにはびっくり!
読んでいる間はそうでもなかったけれど、読後はとても懐かしいような微笑ましい気分になりました。
以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
途中まで、パックは子供だけにしか見えない妖精だと思っていたので、その境遇に心が重くなりました。
子供たちの気持ちだけが救いです。

そして「あや」の正体に驚きました。
もしかして、ココちゃんは女の子なのでは?と、少し疑いましたが、まさか「あや」の方が男の子だったとは。
でも、最初から伏線張りまくりでしたね。
戦隊ごっこでレッドの取り合いとか。
ココちゃんは意外と身が軽いとか。
こういう仕掛けは大好きです。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。