スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬はどこだ/米澤穂信 ★★★☆☆


東京での銀行勤めを辞め、地元に帰ってきた紺屋は自営業として私立探偵を始めることにする。
犬探し専門のはずが、友人の大南の紹介により、失踪人探しと古文書の解読を受け持つことに。
高校の後輩であるハンペーこと半田に古文書の解読を任せ、自分は失踪人探しに取り掛かるのだが・・・。


『さよなら妖精』に続いて2冊目です。
『妖精』はとても評判も良く感動もしたのですが、あまりにも博学で悠然としている高校生たちにどうも違和感がありました。
どちらかというと金城一紀さんが描く高校生が好みなので。
他の作品に手を伸ばすのを躊躇っていたのですが、この本は良かった!

冒頭、主人公が25歳なのに一人称が「私」なのが不自然に感じました。
でも、よく考えたら立派な社会人なんだし当然なのかも。
最初は、その「私」といい、「諾否」や「否むつもり」や「~だが」などの言いまわしが、どうもハードボイルド?を匂わせているようで馴染めませんでした。
でも読み進めていくうちに全く気にならなくなったのは、他のキャラクターのおかげでしょう。
喫茶店のマスターは伊坂作品に出てきそうな雰囲気。
兄と妹の会話も微笑ましくていい感じ。
ハンペーもいいかげんそうで、しっかりしているところが好印象です。
彼が「動」の役割を担ってくれたおかげで、グンと読みやすくなりました。
主人公のチャットも愉快です。

中盤で、まさかの展開に驚きました。
ここはなんだかいきなり感が。
ラストの抜け殻だった主人公が復活し、走り出す姿は爽快でした。
その反面、ラストの不安感は抜群です。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。