スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留美のために/倉阪鬼一郎 ★★☆☆☆

学内のミステリーサークル「アルゴークラブ」は、赤田留美、羽根木透という2人の死者を出して、その活動に幕を下ろす。その最後の会合は、羽根木の遺稿「紅玉の祈り」の朗読会となった。羽根木の赤田への思いが描かれているようなのだが、しかし、じつはそこに2人の死にまつわる「重要な真実」が記されているのだという。メンバーは遺稿を読みながら、やがてある「それ」に気づくのだが・・・。

<留美のために>

う~~~~ん、ダメでした~。
すっごい疲れた。
以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
『四神~』ほどのギャグっぽさは無いので、別物として読みましたが、真相はほぼ『四神~』でした。
バカミスと駄洒落は切り離せないものなのね・・・。

小説内小説がクセものでして。
最初の方で、仕掛けられた暗号に気付けば、真剣に読むことはないのです。
そうとも知らず、全てすっ飛ばしたため、真相が明かされても「へぇ・・・」としか。
ってか、真剣に読んでたら、投げ飛ばしたね。

あの意味深なラストは何なのか。
それだけが気になる。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。