スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤に捧げる殺意/有栖川有栖・他 ★★★☆☆


「青に捧げる悪夢」に続くアンソロジーです。

『砕けた叫び』 有栖川有栖
とても斬新なアイディアです。あの有名なムンクの『叫び』を、同じく有名な○○に見立てるなんて!
犯人を導き出すには少し弱いですが、この発想には驚きました。
『トロイの密室』 折原一
途中までは「呪い」の仕業と見せかけて・・・と、面白い展開になることを期待したのですが。どうも不完全燃焼でした。
『神影荘奇談』 太田忠司
「僕の殺人」の狩野俊介シリーズです。
森の中の洋館や登場人物がとても幻想的でした。
このキャラクターで長編が作れそうなほど。
トリックは大体予想がつきましたが、せつないお話でした。
『命の恩人』 赤川次郎
赤川作品によく見られる、平凡な主婦が事件に巻き込まれて強くなっていくストーリーは大好きです。
赤川さんの作品は十数年ぶりに読んだのですが、昔と全く変わらず魅力的だと思いました。
『時計じかけの小鳥』 西澤保彦
面白かったです!
本屋で買った文庫本に自分の母親のサインを見つけたら・・・。
このテーマだけでもう興味津々です。
ラストの主人公の決意がせつないです。
『タワーに死す』 霞流一
「呪い亀」がとっても楽しかった霞さん。
トリックは相変わらず実現可能なのか首を傾げますが。
今回のキャラクターも最高!
ラストは一緒に笑ってしまいそうに。
是非、シリーズ化を希望します。
『Aは安楽椅子のA』 鯨統一郎
この作家さんの本は初めてです。
何だか中盤で話がトンデモな方向へ。
大体、結末は予想できたのですが、こんなコミカルな文章を書く作家さんだとは思わなかったので驚きました。
『氷山の一角』 麻耶雄嵩
まず、メルカトルと美袋くんの試みにびっくり。
でも最初から違和感があったのですよね。
メルはあまり好きなキャラではないのですが、この作品ではいい感じ。
いつも以上に美袋くんの見せ場ナシです(笑)。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。