スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HEARTBLUE/小路幸也 ★★★☆☆

ある虹の朝、ニューヨーク市警の失踪人課の男のもとへ、一人の少年が訪ねてきて言った。「ペギーがいなくなったんだ」と。彼の捜す少女は、一年ほど前から様子がおかしかったというのだが・・・。一方、男の知り合いであるCGデザイナーの日本人の青年も、ふとしたきっかけからある少女の行方を追い始める。二人がそれぞれ動いた末に明らかになった真実とは・・・。(本書あらすじより)

<妙な符合だね>

この作家さんの文章は、頭にスーッと入ってきます。一気読みでした。
前作が未読だと面白さは半減・・・というか、意味不明じゃないかな。

「man in blue」では、ニューヨークの失踪人課に所属するワットマンが2人の少女の自殺の真相に迫る。
一方、「man on the street」では、ニューヨークに移住した巡矢が、知り合いの女性カメラマンが撮った写真の中に、ワットマンと「そこに写るはずのない少女」を発見、探偵を雇い真相を探る。
そして、交互に進む2つのストーリーが交わるとき、衝撃の真実が明かされる。

前作『HEARTBEAT』はてっきりハッピーエンドだと思ったのに、違ったのかな。
今回も、巡矢の報われない想いが痛々しいです。
都合の良い展開は相変わらずですが、ミステリとしてはこちらの方が楽しめたかも。
でも、真相解明のシーンがたまらなく不快だったのと、後味が微妙だったので★1つ減点。
以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
父親が隠し持っていたビデオの正体には意外性があって驚いたし、主人公の「ダン」という愛称や序盤に出てきた父親の右腕の腕時計が、巡矢の偽ビデオを見破る伏線になっていたのは巧いと思った。

でも、虐待の疑惑をかけられたピートを追い詰める方法が最低だった。
自殺した女の子たちを虐待ビデオに利用するなんてありえない。
巡矢も、「正直、こんなものは作りたくない」と思うなら作るなよ。
ピートが児童虐待をしているかもしれないと聞いて「許せん!」と憤慨した上で、虐待ビデオを製作する仲間も訳分かんない。本気で不愉快だった。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。