スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイイング・アイ/東野圭吾 ★★★☆☆

記憶を一部喪失した雨村慎介は、自分が死亡事故を起こした過去を知らされる。
なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。
事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思い出せない。
しかも、関係者が徐々に怪しい動きを見せ始める・・・。


<視線には力があるの>

帯に「今度の東野圭吾は悪いぞ。」とあるのですが、これは「気持ちが悪い」ということかな。
意味のないドロドロ描写にうんざりしました。

慎介が失った事故の記憶とは?
彼に近づく謎の女性の正体は?
謎は魅力的ですが、不要な伏線やエピソードが多く、読後感もすっきりしません。

それでも、やっぱり一気に読めるのですよね。
こうなったら真相はどうでもいいや~と、投げやりな気分にさせないところがスゴイ。
無難に読める東野作品でした。

以下、真相に触れています。OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
私の予想では、岸中が慎介を襲っておいて、木内に接触してないのは、その婚約者がターゲットだからだと。
復讐の手段として、ミドリを美菜絵と同じ容姿に変えているのだと思っていたのですよね。
わざわざホラーっぽくしなくても、美菜絵の眼光が原因で、ミドリの精神が不安定になったという真相でも良かったような・・・。
「あなたの子供が欲しいの~」という台詞は、最後まで謎。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。