スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯罪ホロスコープ 1/法月綸太郎 ★★★☆☆

売れっ子ライター・虻原がマンションから転落死した。そのマンションには、虻原もかつて所属していた劇団の主宰者が住んでいた。最近、二人には感情のもつれがあったらしい。虻原は、寄稿した雑誌の最終回のコラムに不可解な俳句を二首、残していた。さらに「六人の女王にたずねるがいい」という謎のメッセージが。俳句に隠された謎とは?(六人の女王の問題)星座にまつわる六つの謎を解き明かす、まさに端正な本格推理!

<そんな語呂合わせはナンセンスだ>

短編では勿体ないと思うほど、全ての事件が魅力的でした。
(無理やり星座に関連付けてる印象もありますが・・・。)
6編中、「ゼウスの息子たち」と「ヒュドラ第十の首」を既読。
やっぱり、その2つが読み応えがありました。

それぞれのテーマとなるギリシャ神話の記述も興味深く、「著者のことば」にあるように、「気楽に読んで愉しめる、そして後にはいっさい何も残さない」作品として読むと、結構楽しめます。
続編が待ち遠しいです。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。