スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深泥丘奇談/綾辻行人 ★★★☆☆

体調に不安を覚えて検査入院した語り手の奇怪な目撃談「顔」、散策の途中で遭遇したローカル線の妖しい記憶をめぐる「丘の向こう」・・・。京都を舞台に、せめぎあう日常と超常、くりかえす怪異と忘却を描く怪談絵巻。

<ひょっとして幽霊とか、
        信じるほうなんですかぁ>


怖くもなければ、気持ち悪くもない、不思議な怪談(?)でした。
あとがきで、語り手の「私」の設定は自分自身に似ているとありましたが、では「奥さん」もやっぱり・・・?
「悪霊憑き」は既読。
単品だと違和感なかったのですが、シリーズとして読むとこれだけ妙にミステリしているので、浮いてます。
唯一、「開けるな」のオチには驚きました。逆転の発想だ。
連作形式ということで、ラストはサプライズを期待した分、盛大に肩すかし。
最初はなかなか世界観を掴めず、たいしたオチのない作品にモヤモヤしていましたが、全て読み終わった後、不思議に囚われた気分になりました。
この物語世界、気になるかも。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。