スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ベストミステリーズ2007/日本推理作家協会編 ★★★☆☆

2006年に発表された短篇ミステリーの中から、小説誌15誌とミステリーのプロが選んだ傑作15作を収録。
2006年推理小説界の概況、ミステリー各賞の歴代受賞リストも掲載。(Amazonより)


<警察の捜査に関わるのは、もうやめたんだよ>

こちらも既読の作品が多かったので、初読みのものだけ感想を。

「罪つくり」横山秀夫
さすがの一言。
犯人の特定は強引に思えたけれど、刑事の境遇と事件の背景が絶妙に絡み合って、涙。
「ホームシックシアター」春口裕子
初めての作家さん。
ベタな展開だけれど、動機は意外だった。怖っ。
「脂肪遊戯」桜庭一樹
「暴君」と登場人物が同じなので、やっぱり連作ということか。
でも、少年の視点だからか、こちらの方が面白かった。「七竈」っぽい。
「ラストマティーニ」北森鴻
北森さんは「メビウスレター」以来、読んでないなぁ。
このシリーズ面白そう。
「エクステ効果」菅浩江
初めての作家さん。
うげーっな真相だけど、伏線もバッチリで斬新かも。
「落下る」東野圭吾
タイトルから分かるとおり、ガリレオシリーズ。
あ~あ~、やっぱり登場しちゃうか、内海薫。
草薙とのコンビが良かったから残念だ~。
でも、「容疑者X~」後、警察への協力を拒否し続けている湯川を引っ張り出すには必要な存在なのかも。
ということで、もう福山雅治と柴咲コウのイメージが離れない。
2人の出会いが描かれてあるだけで、ミステリとしては超小粒。
「オムライス」薬丸岳
相変わらず、暗い雰囲気。
真相に至るまでの、主人公の心の動きが掴めなかった。
「スペインの靴」三上洸
初めての作家さん。
ヒロインが踊るシーンは主人公の興奮が伝わってきたけれど、幻想的な雰囲気が足りないのか、「狂気」が単に気持ち悪く感じてしまったのが残念。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。